---ホームページが出来るまでの経緯---



 
カメラを手にして…

はじめてカメラを手にしたのは、高校の修学旅行時に親に購入してもらったカメラで、35mm
カメラを手掛けてきたキヤノンが、キャノネットという初のレンズシャッター式の中級35mm
カメラでした。
 
私が社会人になり、少ない給料から購入したカメラはフィルムカメラで35mmサイズのカメラ
です。
 
使用したカメラは、中古で購入した、Canon FTbやFXそしてNikon は Nikomart の計3台を
使い、レンズはCanon は18mm、55mm、200mmで Nikomart は35mmを使っていました。
フィルムは、空のパトローネに、一巻で購入したフィルムを押し入れの中で、30〜40枚くらいに
切って使用していました。
 
画像は白黒の世界で、ASA400(昔はASA感度で表記されていました。)のコダックのフィルムを
使って、近県の旅に出かけては撮影を続けました。
その後、世の中はカラーの世界になりましたが、表現の工夫で、モノクロ、カラーとも表現の
幅が広がり、子供の写真はカラーでも、風景の撮影はASA400のコダックフィルムです。
多くの機材を入れるために、カメラケースはアルミの箱でした。 ストロボやフィルターなど
付属品を入れると大きな旅行カバンの様でした。三脚もどっしりとした重さのあるものでした。
結婚してからは、家計の関係で、カメラは押し入れの奥深くに入り、日の目を見ることはなくなり
ました。子供を育てる長い間はCanon のオートボーイを利用していましたが、あくまで記念撮影
の世界でした。
 
 
デジタルの世界へ…
 
………3人の子供も独り立ちして結婚し、それぞれ独立した頃から再び私の多趣味の性格で
日の目を見ることになります。世の中はデジタルの世界に入り、2000年末に念願のデジタル
カメラ、CanonのPowerShot S20を手に入れることが出来ました。
日常生活や旅行、ゴルフなどで撮影枚数がいつの間にか増えてきました。世の中が荒波に
揉まれるように、新しいIT技術革新によって、私達の周りは急激に変化してきました。
いつでも、どこでも映像を楽しむことが出来るようになり…
 
 
自作のホームページへ挑戦…
 
…自作のホームページに挑戦しました!人生の後半に入りながらも、夫婦二人で旅をする機会
が増えてきました。自由気ままの旅は、日頃のパターンから離れて、その地の人々との出逢い
がありました。人としての生き方を学ぶ事も多くあり、サラリーマンとして生きてきた私にとっては
別世界でした。これまでの映像を通して何かして見たい!
 
そして、2006年の初めにホームページの本を購入して、「html」を独学で学びました。 
あれもダメ!、これもダメ! それでも失敗!…失敗の連続でしたが、少しずつホームページの
体裁が整ってきました。
 
救ってくれたのが、WEBでした。いろいろ試行錯誤の中でどうにか纏まりのある形になりました。
そして念願の 「旅の情報サイト…ひたすら自然を求めて歩くこと」 を、2006年末に立ち上げ
ました。
ホームページの特徴は一切費用を掛けてはいないことです。 全てフリー素材から技法や表現
方法を学びました。
 
多くの人々に旅の記録を見て貰いたく、撮影は歩くままが…基本です。旅紀行の写真は自分が
歩いた軌跡を撮影するから、余分な映像も入っています。ご覧になる、皆さんと一緒に歩いてい
るつもりで編集しました。
 
背景の写真は、富士山からの日の出前の撮影です。私のWEBもこの程度ですが…
これからも、少しずつ進化していきたいと思います。
 
 











inserted by FC2 system