■ 紀伊山地高野山霊場と参詣道 ■

四国遍路と云えば八十八霊場の札所をお参りすることを云いますが、結願するとお礼参りして満願成就するとあります。  お礼参りは厳密な定義があるわけでなく、1200年も続く歴史の中で、その時代時代に合った作法がおこなわれてきたと思う。
何が正しいかは別として、四国遍路には多様性があってしかるべきと思っています。  特に、近年は遍路の目的も手段も多様化してるから、遍路する人々の心の思いの数だけ満願成就への思いがある。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

…高野山奥の院 TOPへ…   …四国自転車遍路 TOPへ…

◆…女人堂から徳川家霊台(世界遺産)を歩く…◆     

高野山は平成16年(2004年)に、「紀伊山地の霊場と参詣道」として熊野三山とともに世界遺産に登録された。  そこで高野山の何が、どこが世界遺産となったのか…。 調べてみると従来から国の史跡として重要文化財に指定されていた境内の多くが含まれていました。
高野山の世界遺産は大門、壇上伽藍、金剛峯寺、徳川家霊台、金剛三昧院の各境内。  奥之院全体と九度山町の慈尊院、天野社と高野山を結ぶ登山参詣道(町石道)。  高野山から熊野への参詣道である小辺路と呼ばれる信仰の道が登録されていました。 宿泊する金剛三昧院に予約が取れたのはラッキーと思った。

 



金剛峯寺から女人堂まで約1kmの道程を歩きます。  途中、高野槇のお店や古い郵便ポストを見学しながら、高野山出入口の一つ女人堂までは緩やかな上り坂が続きました。  途中の施設は千手院橋交差点まで戻りながら見学していく予定です。

 





 
高野山駅からバス専用路線で女人堂前バス停


高野不動坂口

女人堂…
高野山は密教の修行道場として開かれた為、開創以来、女人禁制の時代が続いた。  時代の移り変わりで高野山が霊場として信仰されるようになり、女性参詣者が増えるに従い宿泊所が必要となり、高野七口に女人堂が建てられた。  女性達はここに身を寄せて読経や念仏を唱えたという。  高野七口とは、大門口 不動坂口 黒河口 大峰口 大滝口 相の浦口 龍神口を云い、その不動坂口の女人堂は、唯一の残存建築物です。

 
不動坂口の女人堂


本尊は大日如来です。

 
交通安全地蔵尊


お竹地蔵尊像

地図上で、もっと大規模な堂宇と思ったが堂宇は小さかった。  堂宇の前でお坊さんが訪れる人々に熱心に説明をしていたので、お話を聞く事ができた。  妻は中に入ってお参りしていました。

女人堂をから坂を下って千手院橋に戻ります。 お昼に近くなりお腹も大分空いてきた。 まず最初に蓮華定院に向かいました。  蓮華定院の入り口や建物の中には、真田家の菩提寺であることから、襖の取っ手や、法具など、様々なところに真田家の家紋である六文銭がたくさんありました。 

 
蓮華定院の門


蓮華定院本坊

 
本堂と石庭


見事な石庭の紋様

西室院は別格本山とあり、結構大規模なお寺でした。 垣根に囲まれているが広い美しい庭園があり、ちょっと覗いてみました。  駐車場も広く境内がゆったりとしています。  別格本山とは仏教の各宗派において、大本山に準じた待遇を受ける特別な位置づけのお寺で格式の高さを感じます。

次は西室院です。
京都別格本山西室院の石柱


西室院の門

 



西室院寺坊

 
講堂(信徒が出入りしてます。)


広い美しい庭園でした。

西室院と波切不動尊の脇道から奥へ道があり、金剛峯寺徳川家霊台(世界遺産)に寄ります。  江戸時代の高野山には、興山寺東照宮と大徳院東照宮の二社があったそうです。
興山寺東照宮は行人方で維持され、金剛峯寺奥殿の最奥にあったが火災で類焼し敷地のみがあります。
大徳院東照宮は聖方の寺院によって管理され、今は徳川家霊台の名称で、家康と秀忠を祀る御宮と霊屋が建立されて、国の重要文化財に指定されている。

 
波切不動尊


徳川家霊台受付所

 



石段を登って…

 
さらに奥へ進むと…


また石段があり、ここを登ると…

山に向かうような高台に徳川家霊台があります。  受付から石段を登って行くと小さな門をくぐります。 右に折れると石垣に囲まれた廟所の雰囲気でした。  さらに石段を登った高台に透かし塀に囲まれた瓜二つの廟所がありました。

 
手前が三代将軍と御三家の尊牌堂の敷石


家康公の廟所

 
秀忠公の廟所




徳川家霊台…
寛永20年(1643年)に三代将軍家光によって建立された。  瓜二つの一重宝形造りの建物が二つ並んで、右が東照宮家康公廟所、左が台徳院秀忠公廟所です。 その違いは家康公廟所前には鳥居があります。 一辺の長さが6〜7mと小さいが彫刻、彩色、蒔絵、飾金具などが素晴らしいものと実感できます。  建物は唐様式(禅宗)の手法です。 全景を撮影した場所は境内の東端で、ここには三代将軍と御三家の尊牌堂がありましたが、明治に焼失して敷石だけが残っていた。

家康公の透かし塀は一部破損していた。
家康公廟所


格子の破損部から家康公廟所を撮影

 
秀忠公廟所


秀忠公廟所

 
格子から秀忠公廟所を撮影


寂静院

徳川家霊台から道に戻ったところの向かい側に、真言宗の高野山には珍しい、南無妙法蓮華経の文字を発見。  場所は寂静院で日蓮上人遊學之遺跡と書かれています。  日蓮が、仏の真髄を求め遊学した地のひとつが高野山。  真言密教、高野山は、異宗教の存在を認めていた。…何か嬉しいような気がする。

 寂静院…

日蓮関係の五坊寂静院。  「妙法蓮華経」の五字を頭に配した妙智坊、法智坊、蓮智坊、華智坊、経智坊と五つの坊があったが五坊をまとめて寂静院になった。

金輪塔

寂静院から戻り、浪切不動尊に寄ります。  浪切不動尊は空海が唐から帰国の際、荒波を鎮めたという伝承があり、正式名称は高野山別格本山南院で通称、浪切不動と親しまれている。  本尊は浪切不動明王で、スリランカから贈られた仏舎利を奉納する仏舎利塔も見る事ができた。 

 浪切不動…
南院、浪切不動尊入口


本堂

 
仏舎利を奉納する仏舎利塔




 
南院の宿坊入口


別格本山福智院

浪切不動の隣にも別格本山福智院があります。 少し覗いてみました。 柵で仕切られていて中には入りにくかった。  お寺の人に撮影にきましたと断って建物だけを撮影。 格式の高いお寺の雰囲気があり、もう少しゆっくり見学したかった。

別格本山福智院…



愛染の庭

 





 



巽櫓

次のお隣は龍泉院とあります。  寺名は、弘法大師が善女龍王を勧請して雨請祈願を行った霊跡により、 延長、承久の年間に真慶律師によって寺院として整えられたとあります。

 龍泉院…
龍泉院の門




 
大師堂




 
表情豊かな六体のお地蔵様




 
境内中央にある御神木




 
龍泉院の門横にある石像石仏群


この建物は何でしょう?

最後の建物は警察の建物です。 木の看板には橋本警察署高野幹部交番とありました。  一般の交番の規模を大きくした警察署でした。 警察の建物には見えない! 景観に配慮したのかもしれない。  不動坂口の女人堂から下り坂で疲れはないが、空腹感で手頃の食堂があればと思うが、近隣には大通りに出ないと無いと聞き、もうしばらく我慢します。



inserted by FC2 system