■ 紀伊山地高野山霊場と参詣道 ■

四国遍路と云えば八十八霊場の札所をお参りすることを云いますが、結願するとお礼参りして満願成就するとあります。  お礼参りは厳密な定義があるわけでなく、1200年も続く歴史の中で、その時代時代に合った作法がおこなわれてきたと思う。
何が正しいかは別として、四国遍路には多様性があってしかるべきと思っています。  特に、近年は遍路の目的も手段も多様化してるから、遍路する人々の心の思いの数だけ満願成就への思いがある。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

…高野山奥の院 TOPへ…   …四国自転車遍路 TOPへ…

◆…高野警察、千手院橋から苅萱堂へ歩く…◆     

高野幹部交番



お寺の様な警察の建物からつぎに向かうは本覚院です。  広い石畳の入口を入って行くと本覚院の門がありました。  ここまで車が入れて門前がロータリーになっていました。  境内は工事中でフェンスがあり、あっさり撮影は取りやめました。

 本覚院…





 



無量光院は洛南高校が宿泊してました。

隣の無量光院に向かいます。 ここは霊山寺で納経をした時、そして結願してお礼参りした時に、高僧の尼僧から宿坊を紹介された処です。  当初、ここに泊る予定だったが予約当日は京都洛南高校の一行が予約していて宿泊できなかった。 霊山寺の尼僧の優しい笑顔が思い浮かんだ!

 無量光院…
本堂


無量光院本坊

無量光院の向かいには本王院があります。 境内に入り撮影許可をもらい本堂を撮影。  妻は疲れたのか入口の石垣に腰かけていた。 腹が減っているので食事をしようと足早に通りに出ました。 

 本王院…
本王院


本王院境内

 
本王院本堂


本王院寺坊には仁王像が…

お昼の時間になり、大通り近くにレストランや食事処が見えてきました。 ご飯ものが欲しく千手院橋交差点角に食堂があったので、妻と飛び込んだ。  すぐ目の前のテーブルが開いていたので素早く着席!  八割方テーブルはお客でいっぱいだった。 お腹が減ってご飯ものが食したかったのでカツ丼定食を注文します。

混雑してるから時間がかかると云われたが、椅子に座れることの方を妻は喜んでいた。  大分疲れているように見えたので宿坊には早めに行こうと思う。 雑談してるうちに20分位で注文したカツ丼定食が運ばれてきて、予想より早かったので ゆっくりと食します。 店内にいるうちに小雨が降ったり、陽がさしたり天気も忙しそうです。

食堂で1時間ほどノンビリしました。 天気も雨が止んで陽が射しています。 妻も元気になり体力も回復したようです。  通りに出て、先程の続きで別格本山普門院、一乗院を見学します。 

 普門院…
普門院


普門院寺坊

 一乗院…
一乗院


一乗院境内

 
一乗院大師堂


普賢院

普門院、一乗院、普賢院と見学して千手院橋交差点まできました。  ここから苅萱堂方面に向かいます。 大圓院、成福院に向かいます。 

 大圓院…
大圓院 同期の桜


大圓院寺坊

 成福院…
成福院と摩尼宝塔

成福院
摩尼宝塔…
成福院の摩尼宝塔は日本でも珍しい八角形のお堂でした。  ビルマのパゴダは殆どが円形だが、そのビルマのパゴダを表すものとして八角形のお堂があります。  平成12年、塔内の壁にステンドガラスを施し、床にはミャンマーから取り寄せた大理石を使用するなどの大改修がおこなわれた。  その摩尼宝塔に入ってみました。

 
成福院寺坊


摩尼宝塔入口

 



摩尼宝塔入口の両側には獅子が守っている形です。 この獅子も大理石で造られていました。 中に一礼して入ります。  日本の拝殿とちょっと違う違和感がありました。 中央に拝殿があり、その周囲が周回できるようになって、いろいろな展示があります。   妻も各コーナーを興味深く見学しています。

 





 





 



摩尼宝塔の地下は八角の地下道を巡る所となっていて、真暗な中で仏の威神力によって、 罪とけがれから浄められ、真の自己を知って幸福の鍵にふれる修行場となっていました。  お寺の戒壇巡りと同じように久しぶりに妻と手を取って真っ暗な塔内を歩きました。

摩尼宝塔から先を進んで三宝院へ、そして苅萱堂までもう少しです。  現在3時前で苅萱堂を見学してから宿坊の金剛三昧院に行く予定です。 

 三宝院…
三宝院


三宝院前の通りの壇上伽藍方向の景観

 
三宝院前の通りの奥之院方向の景観


通りの出店で販売される高野槇

高野山と云うこの地域には塔頭寺院が数多く連なっている。 京都や奈良の寺院巡りとは異なる雰囲気があります。  また比叡山を訪れた時の雰囲気とも違う。 何が違うかというと、まだわからないが高野山は独特の雰囲気を見せてくれる。  狭い地域に寺院、商店が並び、人間の生活感が溢れている。 その雰囲気を感じながらお寺参りするのは大好きです。

別格本山遍照光院…



別格本山遍照光院

 地蔵院…


地蔵院
高野山密厳院…
新義真言宗の開祖興教大師覚鑁上人の開基にかかる浄刹です。  更に大師は紀州根来山に大伝法院を創立して、真言宗智山派、豊山派の基礎を固めた。  この建物は昭和6年に改築致し、その古跡を保存している。 我が家は豊山派のため、今日どうしても訪問してみたかった。

 
苅萱堂入口


密厳院入口

 
密厳院


苅萱堂全景

 
石童丸の母、千里姫の墓


苅萱堂の正面

苅萱、石童丸の哀話の苅萱堂は、密厳院の所属になっている。  苅萱父子は40年の長期間、この堂に於て親子名乗りをせず修行したことは、 当時女人禁制の高野山の掟により母を山麓の宿に残し、父を捜し求めて登山した石童丸の帰りを待ちきれず亡くなった悲劇と共に、 現在に至る迄、人の涙をそそるものがある。

苅萱堂内の回廊に石童丸の哀話を絵物語で綴られている。





 



苅萱堂内を撮影しながら一回りし出口まで来たら撮影禁止と云われた。  禁止案内が無かったので説明文を熟読しながら出口まで来たら云われたので吃驚した。  お咎めは云われなかったので10数枚の中で3枚だけ掲載します。  豊山派の信徒ですと、お話したら係員の和尚が事細かく説明してくれた。(感謝!)



inserted by FC2 system