■ 郡上八幡城 ■

郡上八幡城の起源は戦国末期に郡上一帯を東氏が支配していた。  東氏は郡上八幡の町を挟んだ反対側にある東殿山に東殿山城を構えていたが1559年に八幡山に砦を築いた遠藤盛数に滅ぼされた。  遠藤氏は東殿山城を奪い郡上一帯を支配したが、そのまま八幡山の砦を拡張して城郭として整備したのが郡上八幡城の始まりです。  元々、石垣などは整備したが明治まで天守はなかったという。  現在の天守は大垣城を参考に1933年に模擬天守として全国的に珍しい木造で建築された。

6時半起床して準備をしてから7時過ぎには民宿を出た。  素泊まりだから身支度は早く、一番に郡上八幡城に向かう。  民宿のご主人から、お城まで車で行かれると教えて貰い、八幡町大手町で郡上八幡城の石柱を確認して細い道を登っていく。  大きなカーブを曲がると公園があり三叉路になっていた。  城への道路入口に一方通行の標識があり、ここで路肩に駐車して観光案内図を確認する。  公園にも行ってみた。  ここからも街中の一部が望見できる。  大きな屋根の安養寺本堂が印象的だ。

 



登城口

 
元二の丸付近


安養寺本堂と街並み

何故か公園には山内一豊、千代の立派な銅像がある。  調べてみると千代の父親が郡上八幡城の初代城主遠藤盛数と伝わるらしい。  NHK大河ドラマ、司馬遼太郎の「功名が辻」では近江出身となっている。  千代は近江出生説とともに遠藤盛数の娘であるとして自分を納得させる。  山内一豊は乱世に、信長、秀吉、家康に仕え、最後は初代土佐藩主となった。  その陰には妻、千代の献身的な支えがあった。  したがって郡上八幡城は千代ゆかりの城となって、天守が見える所に銅像が建立されていた。

 







郡上八幡城と山内一豊と妻千代像

公園には円空の癒しの水と共に微笑みの円空像が建立されている。  円空は郡上市出身といわれ、何万体もの微笑みの仏像を造り、人々の幸せを願ったと伝わる。  また岐阜国体記念碑もある。  公園から岸剣神社への入り口もあったが、ここは後回しにする。  さて一方通行を再確認して車を走らせると、これが思いもよらず細い道だった。  小さなカーブは切り返さないと進めな〜い。  上まで木に覆われて薄暗く、とにかくゆっくりと車を進めた。

 
円空像と癒しの水


岐阜国体記念碑

 
登城口


道は一方通行

途中、車内から城への小道を撮影する。  こんなところを登っていく。  フロントガラス越しだから映像は全体に色がついている。  本丸への大手口と思われる石垣のところを通過して周囲が明るくなり見通しが良くなったので、一時停車して周囲を撮影した。  この石垣と石段は当時のままだ!  石垣の積み方は戦国時代前期の工法で野面積みです。

 





 
大手口




一時停車したところから天守も視認できます。  撮影してから出発し、暫く行くと広い駐車場がある。  約30台分くらいの広さで天守の後方を見ることができます。  8時前で一台も車はないので一番端におく。  案内図や説明書きも撮影して、後で資料の整理に使う。  一服喫煙して戻る形で石垣の端を歩いて天守に向かいました。

 



駐車場

 
本丸への脇道




このあたりの道は当時の脇道か?  両側に石垣があるので間違いないだろう。  そんな思いで妻と一緒に撮影の構図を考えながら撮影しては歩いてゆく。  天守西側の隅櫓へ向かう石段は、戦略上の城の造り方で、当時の武将の思いを考えてしまう。  私ならこの地形でどうしただろうと考えるのも城の訪問の楽しみの一つです。  その先には本丸の大手門の場所らしき少し広いところがある。  この場所に立つと見晴らしが良くなる。  何か碑があるようだ。

 



天守西側の隅櫓への石段

 



大手門前の広場

大手門横の広い場所は本丸と天守、隅櫓がよく見える。  大きな石碑には行書体で南無妙法蓮華経と書かれていた。  小さな社殿があるが、この城の守り神かもしれない。  石垣側には二つの石碑がある。  ひとつは「およし碑」で詩が書かれているが経緯が分からない。  もう一方は「力石」と書かれていた。

 



大手門前の広場

 
社殿


石碑

「力石」の横に説明板があり、これによると、寛文七年(1667年)の城の修築の際に、人夫の作兵衛が城下の河原から背負って運び上げたものといわれる。  奉行がその力量を激賞すると、彼は感涙して力尽きその場で息途絶えたという。  奉行は憐れに思って、この石の使用を禁じたという。  昭和8年の城再建工事の時に、草の中に放置されていた重さ350sの石を碑として安置したものと記されている。

 



力石(左)とおよし碑(右)

 
力石



大手門へ


大手門前広場から見た天守

力石や石碑がある広場から本丸天守がよく見える。  高い石垣までよく見える位置を探して撮影していく。  天守から隅櫓と続く白塀があり美しい姿を見れる場所だ!  葉が所どころ紅葉しかけているので、後一か月すれば美しい姿を見ることができるでしょう。  大手門に続く石段を上り隅櫓の直下に向かいます。  ここからの映像もよく見かける郡上八幡城の映像です。

 





 
パンフレットでよく見る構図






パンフレットでよく見る構図

弟が釣りマニアで長良川にも足を延ばして郡上を訪問したと聞く。  その時の映像を見せて貰い興味を持ったのが今回の訪問のきっかけです。  チャンスがあれば訪問したいと思っていたが、今回は台風の影響で北陸から中部地域に一部変更になってしまった。  余談はこのくらいにして隅櫓と天守の映像を移動しながら撮影して天守入口に向かう。  天守入口の桜の丸門前には売店がある。  その売店は全ての扉が閉じられていた。  後から管理人が来て「時間前だが暫く待てばお城を開けてやるよ!」と声をかけられた。  現在8時で営業時間にピッタリのはずだが、掲示をよく見ると今の時期は9時オープンだった。

 
管理事務所兼売店




 
桜の丸門




とりあえず桜の門や周辺の撮影をしてオジサンの様子を見る。 白塀に狭間があるので中の様子を見る。  城の中は資料館になっているようだ。 狭間からデジカメを入れて内部の撮影をしてみた。  天守には右側に付櫓があり、ここが出入り口のようです。  隅櫓も撮影できた。  いずれにしても大垣城の模造天守だから歴史的価値は低いと思う。  資料館としては郡上八幡城のホームページには詳しく記載されていなかった。

 



狭間にデジカメを入れて撮影

 
狭間にデジカメを入れて撮影


狭間にデジカメを入れて撮影

 
狭間にデジカメを入れて撮影




売店の見晴し台に案内があり、東殿山城のあった東殿山が真正面に見える。  丁度、郡上市内の反対側の山です。  これによると東殿山城は東氏が130年間、この地を治めてきたそうで、遠藤氏によって10日間に及ぶ攻城戦で落城し滅ぼされたという。  この場所から視界が良好で眼下に郡上の街並みが良く見える。  長良川支流の吉田川が市の中心を流れ、川を中心に街並みが造られているのがよく判ります。  売店の裏側に回り石垣を少し降りて天守を展望したら結構いい感じの映像が撮れた。  15分ほど待ったが城のオープンの気配が無かったので、オジサンに声をかけて町に向かうことにする。

 
売店の見晴し台



東殿山城のあった東殿山


売店裏の石垣を降りて撮影

 
売店裏の石垣を降りて撮影


見晴し台から見える吉田川と市街

売店付近にいた時、町の人たちが朝の散歩でお城に来ていた。  聞いたら毎日の日課だという。  足腰が健康だからできる散策である。  大手門付近で観光客とすれ違った。  新潟から来たという。  女性の二人旅で郡上をのんびり観光するそうです。  大手門から西側の隅櫓に向かうと石段があり天守の裏側に回ることができる。  後方からも天守を直接見ることができる。  直下の石垣は崩れていて下に降りることができるので下方から撮影する。  もしかしたら搦め手口かもしれない。

 
東隅櫓と白塀


西隅櫓と天守

 
西隅櫓の入口



天守後方


この場所の後方は駐車所に続いていた。

西側の隅櫓のほうは、天守より2mほど低いが大きな屋敷ができそうな広さがあり、天守内が白塀、東側隅櫓と見通しが良かった。  また山側の見通しも良く下に駐車場が視認できる。  ここに「道は一筋なり」の石碑がある。  「凌霜の森」と記され、幕末時戊辰戦争で幕軍と共に官軍と戦い続け、会津若松城の戦いで降伏した凌霜隊の石碑でした。

 





 
西隅櫓から見通しは良い。




 
西隅櫓から見通しは良い。


西隅櫓

西側隅櫓から大手門と同じ高さの小道に降りることができる石段がある。  先ほど通った通路で、 この時間になると観光客とすれ違うことが多くなった。  このまま駐車場まで戻ると首洗い井戸に気が付いた。  駐車場の片隅に立て看板もあったが、上ばかり視点が向かっていたので気が付かなかった。  案内によると、この一帯は駐車場として利用されるまで、雑木の生い茂った湿地帯で、ここに浅い井戸が潰されていた。  井戸の周りは昼も暗い場所で、現在は埋め立てられて跡かたもないが、その昔、首洗いの井戸と伝えられている。  慶長の合戦で討ち取られた寄せ手の武士や汚れた首が洗い清められ、首実検に供されたと記してある。

 
東隅櫓


首洗いの井戸

駐車場に戻り、丁度、9時半になった。  町に戻るは更に一方通行路を下ります。  下りは道が広くなり途中、ホテル前を通過して公園前に戻ってきた。  ここから大手町前の城下町プラザに到着。  古い街並みを散策する前にどこかに駐車場を探す必要がある。  城下町プラザで聞くと空きがあり一日500円を支払う。

城下町プラザで話し好きのお爺ちゃんから街並みのパンフレットを貰い、詳しい説明と散策のコースを教えてもらう。  その前に早朝からのお城見学で大休憩をします。  プラザはオープンしたばかりで店の人も忙しそうに動いている。  ベンチに腰掛けサンドイッチとコーヒーで簡単な朝食をとる。


inserted by FC2 system