■ 二条城の二の丸 ■

二の丸は二の丸御殿と一つですが、実際に歩いてみると、二の丸御殿内のエリアと本丸御殿を囲む形の二の丸の域がある。  西橋を渡ると正面に休憩処があり、トイレや喫煙をした。  早朝の7時過ぎから丁度1時間半ぐらい歩き通しだから妻にも休憩が必要。  休憩後歩いた経路から映像をつなげていきます。

西橋から南北の景観





 
西橋から見た北側の内濠


西橋から見た西側の二の丸

 
二の丸から見た本丸の石垣


西橋から見る外枡形の縄張

 
西北土蔵


西側の二の丸 桜が植樹されている。

二条城は本来、家康が二の丸御殿を本丸として造営した単郭式の城だったが、その横に拡張する形で、家光が本丸を造り、二の丸御殿のエリアを拡張して輪郭式二重濠とした。  しかし家光以降は大政奉還まで使われなかったので、二の丸の拡張エリアに遺構は少ない。

 
西橋から見る本丸の外枡形の縄張


西橋から南方向の通路

 
不明な囲い場所 (説明板を見なかった。)




 
モミジが美しく映えている。


井戸跡

 
西南土蔵と通路


落ち葉も背景の一役

土蔵群は4棟あるが何れも国重要文化財で、当時は米倉として使用されていた。  その入口や壁を拝見したが江戸時代の様子を知ることができる。

 
西南土蔵


西南土蔵

 



西南隅櫓から見る本丸天守台は一際大きいことがわかります。  ここに五重五階の高さ28mの天守閣を想像すると、当時としては広大なエリアを見通せたと思う。  同じ所から西橋も見えて池面に紅葉が反射していたので撮影したが失敗だった。  通路の濠側には梅林が植樹され反対側には大樹があり、所々にモミジが紅葉している。  石垣と濠が見えなければ普通の公園の感じ。

 



梅林越しに見る天守台

 
西南土蔵脇から見る西橋




 
梅林越しに西南土蔵


井戸跡

梅林の端に大きな石組が見えてきた。  これは南中仕切門で二の丸を東西に仕切る門で、計5棟あり、いずれも国重要文化財です。  この仕切門、反対側の北側にもあり、石垣とほぼ同じ高さの門で目立たない存在になっている。  そして門をくぐると同じ門でも見え方が違う事に気が付いた。  その映像をご覧ください。

 
高い石垣が見えると思ったら…


…南中仕切門 (国重要文化財)がある。

 
正面から撮影 (一重屋根 石垣と同じ高さ)


南中仕切門から振り返る。

 
同じ二の丸でも景観が異なる。


反対側から撮影 (二重屋根 石垣より一段高い)

面白い仕掛けを見破って先に進むと広いエリアが現れた。  ここは桜の園と呼ばれ多くの樹が植樹されている。  春を迎えると多くの観光客が集まり景観を楽しめるだろう。  大きな銀杏木は青空に向かって一直線に伸びている大樹だ。  そして本丸の石垣が良く見通せる場所に出る。

 
ここから見るとその仕掛けがわかった。


桜の園

 
大きな銀杏木


本丸櫓門 (国重要文化財)

濠に沿って進むと、桃山門と築地塀がある。  この築地塀は二の丸御殿の周囲を囲っている。  この付近から見える内濠と本丸櫓門を撮影を重ねていく。  桃山門手前で本丸の石垣が良く見える所がある。  ここから天守台の石垣も含めて撮影してみた。  一際高い石垣が印象的だ!

 
本丸櫓門と東橋


南側の本丸石垣

 
天守台石垣


桃山門

 
土塁と東橋の脇にある石柱は読めなかった。


鳴子門 (国重要文化財)

本丸櫓門と二の丸御殿のエリアを直接繋ぐ為、通路上に二階廊下があったことを帰宅して知った。  本丸櫓門前の通路が南北に走るが、北側には鳴子門がある。  その先は二の丸の清流園があり、1965年(昭和40年)に造られた和洋折衷の庭園がある。  次は最後の見学コースになります。



inserted by FC2 system