---秩父三十四ヶ所観音霊場とは---



はじめに…
秩父三十四ヶ所観音霊場は埼玉県秩父地方の三十四ヶ所の観音霊場をいう。
ここを巡礼することを、秩父札所巡りと云い、日本100観音の結願寺が第34番札所の
水潜寺という。 また秩父札所巡りが結願したら長野の善光寺に参拝するのが
慣例となっている。
 
日本百観音とは…
西国33ヶ所霊場、坂東33ヶ所霊場、秩父34ヶ所霊場を合わせて日本百観音と呼ばれる。
 
秩父札所について…

秩父札所の起りは文歴元年(1234年)開創と伝わる。
1488年の秩父札所番付が実在し室町時代から秩父札所が定着した。 江戸時代では
観音信仰が庶民に心の支えとして流布し盛んになった。 秩父巡礼は静寂な山村と
素朴な自然を背景に一回り約100qの道のりがある。 その道程は山路をたどり野路を
横切る秩父巡礼です。
素朴な風土の秩父札所の観音様は古くから多くの人々に親しまれ、安らぎを求める
人々に安らぎを与えてくれる。
 
秩父札所の本尊…
秩父札所の本尊は聖観音、十一面観音、千手観音、如意輪観音、馬頭観音、准胝観音
の六観音です。
 
■秩父札所巡礼の方法
札所巡礼は幾つもの交通手段があり巡拝者の都合で自由に決められる。 現地で
宿泊しながら通しで巡礼するには自動車や徒歩、一般交通手段があり、必ずしも
1番から順繰りに廻らなくても良いようです。 宿泊は宿坊が無いから一般のホテル
や旅館、民宿を利用します。
また秩父への交通手段として山梨側、熊谷方面、飯能方面からの三方向があり、
それぞれの方面から最短距離で巡拝するようです。
特に巡礼古道も魅力のひとつで人気がある。 自動車で巡礼すると2泊3日で、
一般交通手段(電車、バス)では5回から7回ぐらいで、個々の体力に合わせて
巡拝できる。
 
納経所の注意点…
札所によって無人の寺院があり、納経は下記の寺院でできます。
2番札所 真福寺は光明寺
5番札所 語歌堂は長興寺
28番札所 橋立堂は冬季閉鎖のため、27番大渕寺
 
■巡礼用品について…
巡礼用品は、1番札所誦経山四萬部寺、13番札所旗下山慈眼寺、18番札所
白道山神門寺の各納経所、秩父札所連合会事務所で取り扱っている。
 
■秩父札所参拝について…
各札所の「納経時間」、「納経料」、「拝観料」について記します。
 
「納経」とは霊場に経を納めることで、心願を込めて写経し霊場に納めて朱印を貰う
事を云う。 写経を納めに来る人もいるが、本堂に参拝した後、証として朱印だけ
受けて帰る人もいる。
朱印を戴かずに帰る人もいるが、折角参拝したのだから、その証として納経所に
立ち寄ってほしいそうです。 朱印は納経帳、納経掛け軸に戴くと巡礼の励みに
もなる。
納経帳、納経掛け軸はどの札所でも求めることができるが巡礼用品全般は
1番、13番、18番の各札所で取り扱っている。 札所連合会寺務所では通信
販売もしているから事前に準備もできる。
 
各札所の納経時間
納経時間とは各札所の納経受付時間の事です。 原則、午前8時から12時、午後
1時から午後5時まで。 札所によっては昼休みの時間も受付してる所がある。
11月から3月までの冬期間は札所によって時間が早まる所がある。(午後4時)
 
納経料 (ご朱印料)
      ご朱印料(重ね印も含む)     書き入れ朱印
納経帳       200円           300円
掛け軸       ―              500円
巡礼白衣      200円           500円
 
拝観料
各札所の拝観料は原則無料。
 
■参拝手順について
@ 門前で身なりを整え一礼。(門が無い所は境界で一礼)
B 手水舎で、左右、手を洗い、口を漱ぐ。
   (手水舎が無い時は省略可で、この後、お袈裟をかける)
C 鐘楼で鐘を撞く。
   (できない所もある。 忘れたからといって帰りに撞くことは厳禁!)
D 本堂で、蝋燭に火をつけ、その火でお線香に火をつける。
   献香し納札、写経等を納め読経する。
   (他人の蝋燭で線香を点すと、他人の業が移ると教えられた。)
 
E 読経…開経偈、般若心経、観音経など、
F 納経所で、納経帳、納経掛け軸等にご朱印を戴く。 (納経の内容で金額が変わる)
G 門前(境界)で一礼。(退去)
 
(注意) 秩父札巡礼所は、作法については厳しくはない。 しかし個々の巡礼です。
最低のルールを順守して、地域の大切な遺産だから人としての最低のルールを順守
しましょう。 それが自己完結型の巡礼です。
 
 
■巡礼について
巡礼は健康な人もいれば、身体の不自由な人もいます。 その人に合う巡礼手段が
あっていいと思う。 それが満足感を与えてくれる。
 
■私の読経について
 
般若心経は自宅で仏壇に拝し読経する習慣があり問題ないが、妙法蓮華経
観世音菩薩普門第二十五偈は初めはつっかえて、なかなか読めなかった。
そこで巡礼前から機会ある度に練習したら、ある程度流れるように読経ができるよう
になった。 要はゆっくりと落ち着いて自分のペースで読経できれば良いと思う。
 
■私の読経の順番
 
@ 合掌礼拝
A 開経偈(かいきょうのげ)⇒「無上甚深微妙法 百千万劫難遭遇 … 」
B 般若心経⇒「仏説摩訶般若 波羅蜜多心経 観自在菩薩 … 」
C 妙法蓮華経観世音菩薩普門第二十五偈⇒「世尊妙相具 我今重問彼…」
D 合掌礼拝
 
■遍路用品について
 
巡礼の開始当日に、一番札所で納経帳だけ購入。
あとは四国自転車遍路した時の用品を使用した。
ロウソクとお線香は自宅にあるものを使用。
白衣は自転車巡礼のため使用しなかった。
 











inserted by FC2 system