◆香川県 丸亀城(V)◆ 城跡の全域は国の史跡に指定されており亀山公園となっている。天守のほかに大手一の門、大手二の門、御殿表門、番所、長屋が現存しており、天守、大手一の門、大手二の門は国の重要文化財に指定されている。天守の最上階からは、瀬戸大橋など瀬戸内の風景を眺めることができる。           ………フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

三の丸は別名腰曲輪と呼ばれている、この石垣群にそって散策コースになっています。
三の丸から二の丸の石垣を見上げました。


延寿閣別館…東京麻布の京極家の江戸屋敷の一部を移築したもの。

三の丸井戸…
山崎氏時代の井戸で、明治初期の建物取り壊しの際に、建物の壁土や瓦が井戸内に捨てられ、現在は空井戸となっている。

三の丸井戸


腰曲輪から見上げる二の丸の石垣は非常に高い。

四角形の城郭を散策して丁度、反対側に来たら、天守が望める場所に来ました。



ここから望む天守は本丸の端に聳えているのがよくわかります。

本丸、二の丸への玄関は急峻な大手門となっている。
三の丸の正面から二の丸への入口の景観は本丸を大きく表現しています。


石垣と白壁の天守閣は浮き出るようなコントラスを醸し出している。


三の丸南側の搦め手口を撮影。


搦め手口の下方から三の丸を見上げました。

400年前の石垣の造成技術のレベルの高さがうかがえます。
長い年月に刻まれた石垣の隙間から生えた木株。


それを望遠で覗いてみました。


三の丸の腰曲輪から見上げる二の丸は非常に高い。


三の丸の腰曲輪から見上げる二の丸は非常に高い。

搦め手口…
加工した大きな石を用い、石垣を巧みに配置してあり、城郭の中でも一番堅固に造られています。

三の丸南側の搦め手口を下方から見上げました。


栃の木御門跡…搦め手口にあります。

搦め手口を出て内堀に沿っていくと、そこは駅伝大会の真っ最中でした。元気な声が丸亀城を包んでいました。

かぶと岩を探そう!






かぶと岩…
この岩は岩頸と呼ばれ火山噴出し口への通路部にあたる火成岩が侵食を受け円柱状に露呈したもの。






…石垣の美…
一般に見返り坂と呼ばれるこの坂は、新緑の頃は楓の若葉が、秋は紅葉が楽りい。右手頭上に三の丸の高石垣か、美しさと堅固さを誇ってそそり立つ。石垣の上端で垂直に立ち、徐々に緩やかな曲線を猫き、遂に土に埋れる優美な姿は、丸亀城壁の美しさである。この石垣の高さは約22mあり、本丸まで三段の高さは40mに近く、この城壁に丸亀城の風格を偲ぶことができる。  (説明板から)


かぶと岩…御殿表門を入ってしばらく進むと左側の斜面に見えてきます。

今日は中学生の駅伝大会でこの通路はコースの一部になっていて、応援の同級生や、市民が多く見受けられました。
藩主玄関先御門…内側から撮影しました。


応援の同級生も…

藩主玄関先御門の右側に番所、御駕篭部屋、長屋がありましたが、今日は中学生がいっぱいでした。
もっと近づいて撮影したいけど…


藩主玄関先御門…右に番所があります。

日本一の高い石垣に、三層三階の現存する木造天守閣は重厚さが感じられた。そして400年の歴史を刻む丸亀城…今は市民の憩いの場であり、訪れる観光客を楽しませてくれました。時間が許せば、風光明媚な瀬戸内の景観を楽しみたいと思いますが、今回の計画は、この後、讃岐金刀比羅宮の参拝へと続きます。


inserted by FC2 system