◆NHK大河ドラマ『上杉の智将 直江兼続』の歴史紀行(T)◆ 
 豊臣秀吉によって伊達政宗が陸奥岩出山に転封され、会津に入った蒲生氏、ついで上杉氏の支配下に入った。上杉景勝は家老・直江兼続に30万石を与えて、米沢に入れた。しかし上杉氏は関ヶ原の戦いに先立って徳川家康に敵対したため、1601年(慶長6年)に上杉景勝は120万石を30万石に減封され、居城を会津から米沢に移させられた。直江兼続は米沢城を上杉景勝に譲り、米沢藩が成立する。   …フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

銀山温泉から1時間ちょっとで、米沢市に到着しました。早速。米沢城址の駐車場へ…
米沢城址公園にある上杉の城下町 米沢の案内板。


松岬神社にある上杉鷹山公の説明板

松岬神社…
明治に上杉神社から上杉鷹山公を分祀し、松岬神社として社殿を建立した。

松岬神社にある上杉鷹山公の像




最初に松岬神社の境内にお参りします。
鳥居から社殿まで一直線です。


左側にある池もまだ積雪対策が…

積雪対策に板を利用するのは積雪量が多いと考えました。



池の奥には手水舎

境内を進み、社殿まできました。大正の年代に建立されたそうです。



松岬神社社殿

松岬神社の反対側には米沢市文化ホールがあり、「天地人博」が開催されていました。
上杉記念館が遠方に…


米沢市文化ホール

米沢城址…
城は米沢市街地のほぼ中心に位置し、本丸跡は上杉神社の境内となっており、二の丸跡には上杉記念館があります。

本丸の濠の景観


駐車場の広場から舞鶴橋と濠の景観です。

舞鶴橋から本丸へ…
桜が開花する時期は素晴らしく、多くの人々で賑わうそうです。






信玄の旗、謙信の旗、それぞれ城址にはよく似合います。そう思いながら、舞鶴橋を渡って本丸へ…



舞鶴橋から二の丸の上杉記念館が遠望できる。

一昨年は、年間を通して、武田信玄の歴訪を重ね、今年は謙信や鷹山、そして直江兼続の歴訪が出来て大変嬉しく思います。これも財務省の力のお陰か…。これから本丸へ入りますが、まるで子供の待ちこがれていた遊園地に来たような気持ちです。


inserted by FC2 system