◆上杉の城下町 二の丸跡・上杉記念館の散策◆ 上杉謙信は軍旗に「毘」の文字を用いました。毘沙門天の「毘」「刀八毘沙門の旗」と称して進軍、戦陣にも常に隊の先頭に掲げていたということです。龍の文字を記した軍旗は「懸り乱れ龍」の旗と呼ばれ、上杉軍総攻撃の時にだけ本陣に掲げらたそうです。

本丸の菱門橋からお濠を撮影しました。そばには桜の古木が…耳をつければ歴史を話しかけてくれそうな感じです。





外側から見る本丸は広いお濠はあるものの、石垣でなく土盛りだけの質素なものです。



米沢市座伝承館

米沢市座伝承館の中へ入りましたが目の前の庭の景観を撮影して終わり…誰もいないので入りづらい。
米沢市座伝承館の中庭の景観




復元された長い塀に沿って歩いてゆくと、お目当ての上杉記念館の裏門に来ました。



上杉記念館の裏門

裏門から入ってすぐ蔵がありました。蔵の下部には空調の役目の石の窓があり、高山陣屋の蔵と同じようでした。



上杉記念館の正面の景観

記念館はお食事処で、予約制のようでした。個室の部屋で食事ができます。
記念館の前の庭園です。




その庭園からこの木戸を通って内庭に入ることができます。そこには昔の時代に戻ったような景観がありました。





大正時代のロマンを感じさせる素晴らしい建築物です。





上杉記念館…
上杉伯爵邸は、明治29年、上杉茂憲伯爵(最後の米沢藩主)の本宅として造営されたが、大正8年米沢の大火で類焼し灰燼に帰した。大正13年に再建されたのが現在の建築物です。






米沢牛・郷土料理 上杉伯爵邸とある立派な門構えです。





記念館前の本丸南側のお濠の景観。
舞鶴橋方向のお濠の景観


菱門橋方向のお濠の景観

松が岬公園のほぼ全体の歴史散策が終わり、上杉城史苑に戻りました。急に空腹感を思い出し食事をとることにしました。もちろん米沢ラーメン! 縮れ細麺であっさりした醤油味のスープによく合っていて美味しく頂きました。
大休憩もしっかり取って午後のタイムは米沢の周辺に足を伸ばしてみたいと思います。


inserted by FC2 system