◆上田・真田町を歩く◆ 地蔵温泉 十福の湯の温泉を堪能してから、東京に帰る途中にある、真田の町に寄りました。真田発祥の地にも妻が興味を持ったようで、もうちょうっと時間をかけました。

真田町に信綱寺があり、ここの黒門が私のお気に入りの門で、今回は黒門から信綱寺に入ります。



黒門まで登り道が続きます。

黒門に到着しました。大きいわけでなく、格調が高いほどではありませんが、しっとりとした落ち着きのある門が迎えてくれました。
妻が真田の六文銭の旗を背負っています?(笑)




黒門を通過すると、樹木に覆われた小道が続き、小橋を渡ると信綱寺の正面にでます。



小道の土手に春を告げる花が咲いていました。

古城緑地広場…信綱寺山門と道を挟んで反対側には歴史の丘というモニュメントのある公園があり、地元の方々の憩い場になっています。
妻もこの公園が気に入ったようです。


信綱寺山門

階段を登りきると信綱寺本堂が迎えてくれます。





武田の武将として、長篠の合戦で織田軍に敗れ、討死した信綱が葬られています。
本堂の入口が明徳寺の本堂と同じで、入り口が建物の左寄りに設けられている。




撮影テクニックより、デジカメの進歩で以前撮影したものよりよく撮れました。





宝物館の入り口に、真田紋を施した瓦がさりげなく置いてありました。





急峻な崖の上に築かれた信綱寺だが、この付近は真田氏が真田本城が出来る以前に内小屋と言われる館があった場所と云われてます。





黒門まで戻ってきました。ここからは眺望かよく、向かいの真田本城方面の山々が見渡せます。
妻もこの眺望に満足しています。




黒門に別れを告げて小道を下り駐車場へ戻ります。





真田氏が上田城を築城する以前の、真田本城時代の真田氏居館跡に車で10分ぐらいで到着しました。
真田氏居館跡の大手門です。


大手門の石垣も当時のままです。

大手門を入ると説明板があり、左側には馬屋跡の土塁が残っています。





大手門の右側には皇大神社へ続く鳥居があります。





皇大神社の奥には神社を覆う社があります。細かく撮影したのでご覧ください。



この社の中に…

この真田氏居館跡は中世豪族の居館形態が、ほぼ完全な形で保存されていて貴重な史跡と云えます。





真田町から上越道の上田菅平ICまでは10分も走ればいけます。帰りの上越道は下仁田付近で2件の事故があり、渋滞に巻き込まれてしまったが、明るいうちに自宅に戻る事ができました。


inserted by FC2 system