◆国宝 犬山城歴訪◆ 犬山城は、愛知県犬山市にあり、江戸時代前後に建造された天守が現存する。また、現存天守は国宝に指定された四城のうちの一つです。城は木曽川沿いの高さ約90mほどの丘に築かれた平山城である。

志摩の横山展望台で撮影後、鳥羽のホテル戸田家で日帰り入浴して、夫婦岩の日の出の撮影に為、二見浦の駐車場で仮眠しました。



ポスターでよく見る犬山城の景観

午前3時半に起きて、多くのカメラマンと共に撮影を待ちましたが天候の関係で撮影は出来ませんでした。早朝5時頃、鳥羽を出発して愛知県の犬山市に行き、国宝の犬山城の撮影に取り組みました。



木曽川の河川を入れるとこんな感じに撮影できました。

犬山城の駐車場へは朝7時頃に到着。駐車場の管理人からお城は9時に開くから、それまで木曽川からの、お城の撮影を勧められました。



木曽川の河川の景観が池のような景観です。

犬山城付近の街並みは、飛騨高山の古い街並みの景観に似ていて、散策するには絶好の場所です。近くに歴史的な文化施設が多くありました。
鉄分の多い地層と紹介されていました。




日曜日という事で、木曽川に沿った遊歩道では町の人たちの朝市が始まっていました。そのため川沿いの沿道は多くの車両が駐車してました。
岩に鉄分が多く含まれているようです。


犬山城の下にトンネルが…

犬山城下町の景観を保存する取り組みに町が取り組んでいます。今回は犬山城だけにして次回のお楽しみにしたいと思います。
犬山城城下町の案内


当時の犬山城の図面

駐車場に戻って付近の史跡公園(旧城郭…馬場や材木蔵、組長屋)を散歩します。
駐車場付近の景観


公園の入口

ここは小さな公園で地元の人々の散歩道になっていました。
公園の階段を登っていきます。


旧城郭内の高台です。

犬山城の松の丸には三光稲荷神社と針綱神社があり、時間があるので2つの神社を参拝します。
三光稲荷神社の最初の鳥居


夫婦岩の模型が庭園のように作られていていた。

三光稲荷神社
犬山城の松の丸跡にあり、朱の鳥居、染幟が林立する社前に商売繁盛と家内安全を祈る祈願者が多いです。

伊勢の分神…猿田彦神社


手水舎

拝殿へは石段を登ります。狭いエリアに色々な神社があります。



姫亀神

おもかる石…
このおもがる石は、あなたの願いや思いを神様にお願いし、叶うならば軽く上がり、叶わなけ時は重く感ずるという、不思議な石であります。
方法一、目を閉じて祈りを捧げる。
一、目を閉じたまま石をなで戴くようにして両手で持ち上げる。
その結果、成るか成らぬかがわかります。
(説明板)

拝殿


おもかる石…軽かった!ホッとした!



まだ時間に余裕があるので針綱神社にもお参りします。

三光稲荷神社を通り抜けると犬山城の登城石段の途中に出ました。


針綱神社の正面

針綱神社
古くから濃尾の総鎮守であり、中興、織田信康公の木の下城を社地に移築、城主成瀬氏代々の祈願所でもあり、明治維新の後現在地に御遷座になった。お城の見学前にお参り下さいとの看板がありました。




鳥居をくぐると太鼓のような石橋があります。

この先は犬山城の松の丸付近になります。
手水舎




色々な社が点在しています。車の安全祈願の為の駐車スペースもあります。



大宰府天満宮の御分霊が祭られています。

ここから石段で拝殿へ登ります。拝殿は城郭の桐の丸付近で階段状に高い位置にありました。



針綱神社の拝殿

拝殿の展望台からも良い眺めが見れます。



針綱神社の拝殿

お城の本丸に対して、普通は二の丸、三の丸、西の丸などの呼び名がありますが、犬山城では、松の丸、桐の丸、樅の丸、杉の丸、本丸となります。



子供のお守りと言われる御神馬

丁度9時を過ぎて、入口で待っていた人々が先に入りました。時間をずらして私達も入場します。
子供のお守りと言われる御神馬


犬山城の入口正面の景観…記念撮影もしました。

待ちに待った犬山城の歴訪です。城郭から本丸までの道筋を映像で捉えながら、説明を付記してゆきます。お城の規模としては小さいが個人所有のお城としては手入れが行き届き、まわりの景観も素晴らしいものが予想されます。
inserted by FC2 system