◆国宝 犬山城歴訪◆ 犬山城は1537年、織田信長の叔父である織田信康によって築城され、尾張と美濃の国境に位置するため、戦国時代を通じて国盗りの要所となった。城主はめまぐるしく変わり、戦国時代の小牧・長久手の合戦では、羽柴秀吉が12万人の大軍を率いてこの城に入城し、小牧山城に陣取る徳川家康と直接対決をしました。

城郭への入口は昔と変わらず、門がないだけです。





お濠の跡に架かる赤い橋を渡ると、庭園のような景観が見れます。



犬山城の説明板です。環境の保全についても記してありました。

左側は深い濠跡があり、石畳道が右に折れてゆく、この付近は三光稲荷神社の裏側になります。
ゆるい上り坂の石畳道


右に折れると登りが急になりました。

ここは矢来門という門があり、門の礎石が中央に視認できます。
矢来門の礎石


矢来門から本丸への登城への途中に、松の丸への入口にあたる、松の丸門跡です。この下は針綱神社境内です。

登城道はこれから左に折れて続きます。丁度、針綱神社の拝殿の所をまがります。



曲がり角の所に黒門があり、門の礎石が視認できます。

右手に杉の丸、左手に樅の丸があり、中央の急な石段を登ります。



本丸門が見えてきました。

岩坂門…
登城道最後の坂道を登りつめたこの位置に岩坂門がありました。

本丸門の手前にありました。


右手の案内所で入場料を支払います。

本丸門…
登城道最後の本丸門入口の門で外側が鉄で防御されていたので鉄門とも云われた。(現在の本丸門は旧門とは関係ない)




登城!石段を一歩一歩…

犬山城天守は、三層五階の望楼式となっていて、間近に見る天守もいい姿をしています。



模擬隅櫓が石塁上に建てられている。

犬山城は現在でも旧城主成瀬家の所有物で、全国に城跡は数多く残るが、国宝天守を有する城郭が個人の所有物であることに驚きました。



本丸の広場は旅情感を満喫できます。

城主成瀬正肥公は幕末の難しい国政の時、尾張藩主徳川慶勝公を助け、勤王の立場で諸問題を解決した。その功績でこの石碑を建立された。
右下の付櫓が本丸のアクセントになって優美な姿です。


城主成瀬正肥公の功績の石碑

七曲門…
別名、見張門ともいい、ここから木曽川の景観を視認できます。




ツインブリッジ(犬山橋)が遠望できます。

七曲門のこの付近は、当時の石垣がそのまま残っています。まさに歴史を物語る石垣群です。



本丸城郭の石垣は修復した痕跡が見受けられます。

御神木の杉の木…
数百年の風雪に耐えてきたが、現在は残念ながら死んでいる。しかし、枝を切り、囲いをして現在でも保存につとめている






秀吉と家康の小牧、長久手の戦いなどの舞台となった犬山城に今ここに居るんだという実感が湧いてきました。
本丸石塁から天守を撮影。


天守の土台は野面積みの石垣造り。

野面積みとは自然石を自由に組み合わせて、石垣を造ることをいう。切った石を組み合わせた石垣に対して力学的に弱い面がある。



天守の入口にはテントが張られているが、これは国宝としての景観を損なっているのではないかと思いました。

入口で持参したカメラの三脚を預け(中は狭く階段や壁にぶつかり傷ができるのを防ぐ為)、靴をビニールに入れて中に入りま〜す。400年以上前のお城の中を見学します。次のWEBをお楽しみ下さい!
inserted by FC2 system