◆越後 六日町 坂戸城址◆ 坂戸城は、新潟県南魚沼市にある大規模な山城で、坂戸山山頂(標高634m)に本丸、麓に平時の住居跡の遺構が見られ、魚野川をはさんで、三国街道を見下ろす交通上の要地に位置する。1979年(昭和54年)、国の史跡に指定された。上田長尾氏ゆかりの城として知られており、長尾政景や上杉景勝、直江兼続の居城として名高い。上杉謙信の姉、仙桃院の嫁ぎ先でもある。
     …フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

11時頃、坂戸城址の入口に来ました。すでに駐車場は満杯で、地元の案内係から少し離れた駐車場を教えてもらって出発の準備をしました。
手元の地図と比較して相違点を頭に入れておきます。城址頂上に登るには三通りの登山道が整備されていて、今回は城坂コースを選択しました。地図の赤いラインです。


「愛」の文字の車両制限、私の2歳の孫に「…ちゃん」と声を掛けると「あい」と言い、手を挙げます。…?

リュックには、タオルなどハイキングの準備とペットボトル1リットル、そして妻のための、折りたたみ椅子を持参して出発しました。
すぐ右手に鳥坂神社の鳥居があります。


鳥坂神社

このあたりはルンルン気分で…撮影を楽しみながら、口数は少なくして体力温存!
左手に家臣屋敷跡の石碑がありました。


もう降りてくる人がいます。聞いたらこの先で引き返してきたと…

今回は坂戸城址の頂上でお昼を取る予定で、昨夜出発前に妻が作ったお弁当はリュック中…

頂上で食べる御握りの美味しさを目指して!

右手に坂戸城址の麓の史跡碑


門があった跡の石が残っています。

秀吉によって、慶長3年(1598年)、景勝は会津に転封となり、越前国から堀秀治が越後に入ると、坂戸城には、秀治の家臣、堀直寄が入り、坂戸城を山麓の居館部を中心に近世城郭へと改修している。
御館の石垣も当時のままです。


さらに登ると左手に家臣屋敷跡の石碑

現在残っている山麓の居館部は、堀秀治が近世城郭へと改修した名残ではないかと自分では思っています。
「この石垣は江戸時代末期に運び出されたものを回収したもので、将来、坂戸城址の石垣を修復する時に使います。」と看板の案内文


上杉景勝、直江兼続の生誕の石碑

ひたすら自然を求めて歩いてゆきます。アッ!このあたりは大河ドラマのロケ地付近だ!
アスファルトから砂利道に変わりました。自動車の通るタイヤ跡がある。


この辺一帯から先がロケ地の撮影場所です。

馬上に騎乗した兼続がこんな形で撮影してたなんて、天地人博で見てみなければわからなかった。

馬の形の台をトラックに置いて、それに乗った兼続を馬上の兼続として撮影した場所。

林に囲まれて日陰の道はこの先で終わり、散策から本格的なハイキングになります。


ハイキング道に坂戸観音菩薩が建立されていた。

早朝に登城した人達が下りて逢うたびに、妻はあとどのくらいですか?の連発!
一本松のある、ハイキング道の分岐点、ここで休憩、ここまでは元気でした。


日中の気温がグングン上昇しているのが実感です。

あと1時間位から、まだ半分も来てませんよ、と云う人まで千差万別で、人間の感覚は人によってだいぶ違う事を思い知らされました。
これから登山道に、そして撮影枚数が激減しました。


体力が急に落ちていくのが判り、下りようかと何度思ったことか…

暑さと、年齢と、前夜からの睡眠不足と、二度目の登城(樺沢城址のあと)という事で…
山城で大事な水場跡を視認だけ…


桃の木平まで来て、あぁ〜もう少しだなと、ホッと一息しました。

暑い!疲れが一気に噴き出したようで、途中の撮影はパス…
少し登っては大の字の休憩!下山しようかな…
休みながらでも少しずつ登ればきっと行ける!
心で葛藤をしながら進みます。

休みたいが日陰がないので、立ち休憩…でも素晴らしい景観です。

雲洞庵から見た赤い屋根の富士権現社が見えてきました。


600mほどの山城でしたが、登りつくことができました。美味しい水を飲んで暫く椅子で休憩しました。
先着の人が、出発するからこの日陰で休めばと場所を空けてくれました。


頂上の景観を楽しみながら撮影を始めます。

すぐ撮影は出来ず、まずは昼食をとる場所を確保するため日陰の処を求めます。
小出市方面は霞んでいます。


この道を登ってきました。

美味し〜い! お握りと唐揚げの触感が身にしみわたります。諦めないでよかった〜!
薬師尾根、寺ヶ鼻コースの登山道です。


南魚沼市の市街が手に取るようによく見えます。

しばらく休憩の後、妻と二人でいつもの撮影!それぞれが思いのままで撮影を楽しみました。
富士権現社にお参りしよう。


富士権現社

坂戸城は、越後府中(現在の上越市直江津地区)と関東平野を結ぶ陸上交通の抑えとして、また、魚野川を利用した河川交通の要所として、さらに魚沼の穀倉地帯を擁する経済上の要地として、重要な役割を担った。
富士権現社の中は休憩できます。坂戸山634mの案内もありました。


南魚沼市の市街の景観

人間って面白い! さっきまでフーフー、ハ―ハーいっていたのに、こんなに口が軽くなり、登ってきた人たちに声を掛けられるようになりました。
南魚沼市の市街の景観


お世話になりました。さぁ!出発します。

知らない人達と挨拶など言葉をキャッボールして楽しんでいました。
二人ともルンルン気分で下山してま〜す。


途中の景観を撮影しながら…

大休憩の後はこれから同じ道を戻ります。周遊しようと思いましたが、残りの水が少なく、知った道を選択しました。
辛抱して山に登った楽しみが…




さぁ!事故の無いよう、油断しないで下山しましょう。

すたこらサッサ! 行きと大違いで下山します。(満腹まで食事をしない方がいいですよ!)

登りの時、大の字で休憩した所を通過…


同じ様な道を登ってきたような感じだったけど、こうして見ると変化に富んだ道でした。

行きは4時間、帰りは30分の感覚で見事往復をしてきました。(実際は行きは2時間半、帰りは1時間弱)人間の感覚は当てに成らなかった。



段々町並みが大きくなってきました。

無事、駐車場まで下りてきました。身体中がびっしょりで、駐車場のお爺さんに、一風呂浴びたいことを話すと、街中の銭湯と教えてくれました。ここは100%源泉かけ流しで、蛇口からも温泉が…   次のWEBをお楽しみ下さい!
inserted by FC2 system