◆名勝 玄宮園(げんきゅうえん)◆ 城の形式は連郭式平山城。また、現存例の少ない倭城築城の技法である「登り石垣」が良好な形で保存されている。なお、城の北側には玄宮園・楽々園という大名庭園が配されており、これらは国指定の名勝である。

黒門から内濠に沿って、屋形船乗船場所に来たら、今、屋形船が出発したということで、玄宮園の見学を先にする事にしました。



玄宮園の入り口です。出入り口は他にもあります。

玄宮園は大名庭園とも云われ、石川県金沢の兼六園と同様の形をしています。
どちらも回遊式の池を中心に庭園が造られていて、造園の設計者の意図が見え隠れします。




琴橋

人の往来が少ないので撮影しやすい!
龍臥橋


琴橋

このような景観を見ていると心が穏やかになります。



龍臥橋

庭園は春夏秋冬で多様に変化するので季節感を味わう事ができて飽きが来ないと思います。
龍臥橋


臨池閣

太陽の角度と池の水面の状態が良いと池面に綺麗に反射して美しさが増します。
臨池閣


七軒橋

中央にある龍臥橋から周囲の景観を楽しみます。また記念撮影も…
龍臥橋から見た飛梁渓と舟着跡


龍臥橋から臨池閣を見る

海外からの観光客も多く、それも家族連れで訪れていました。
龍臥橋から鶴鳴渚を見る


龍臥橋から臨池閣を見る

鶴鳴渚の小橋のたもと、鑑月峯に移動しました。ここからは対岸に臨池閣や鳳翔台が池をとおして景観を楽しめます。



臨池閣

訪れる人がそれほど多くなく、庭園の散策には丁度良く、リラックスする事ができました。
鳳翔台




各地の大名庭園を見てきましたが、それぞれ主張するポイントがあり、日本庭園の良さを楽しめます。
鶴鳴渚…鶴の形が確認できます。




鶴鳴渚の小橋のたもとから撮影すると、お気に入りの写真が取れました。





飛梁渓と舟着跡に来ると遠景に彦根城天守を見ることが出来、景観をアップしてくれます。





飛梁渓を通り過ぎて臨池閣に近づくと太陽が逆光になってきて撮影が難しくなりました。





臨池閣の入り口、七軒橋の処に来ました。
臨池閣では500円でお茶を飲めます。ここからの景観も一層風流なものでしょう。






玄宮園は11月になるとライトアップも始まり、冬には雪化粧した庭園を楽しむことが出来ます。元々は下屋敷があり、幕末の大老、井伊直弼もここで生誕しました。現在は庭園部分を玄宮園、建物部分を楽々園と称するようになりました。今回、楽々園は通り過ぎただけでした。
inserted by FC2 system