◆彦根城二の丸散策から琵琶湖畔へ◆ 彦根城の建築物には、大津城からの天守を始め、天秤櫓は、長浜城から移築し、佐和山城から佐和口多門櫓(非現存)と太鼓櫓門、小谷城から西ノ丸三重櫓、観音寺城からや、どこのものかは不明とされているが太鼓門、などの移築伝承が多くある。 建物や石材の移築転用はコスト削減と工期短縮のために行われたもので、名古屋城や岡山城や姫路城、福岡城など多くの城に同様の伝承が伝わっている。

船着き場を降り、佐和口多聞櫓前の駐車場へ向かって行くと、井伊直弼の銅像があります。またNHKのテレビドラマで放送された「花の生涯」の記念碑もあります。
井伊直弼の銅像


「花の生涯」の記念碑

佐和口多聞櫓の処には開国記念館がオープンしています。





井伊直弼の没後100年を記念する事業として、彦根市民の浄財によって、彦根城の佐和口多聞櫓 (イロハ松から見て、右側が再現したもので、左側は重要文化財) を再現したものです。
開国記念館入り口


ひこにゃんは国宝彦根城の築城400年を記念したキャラクターです。

開国記念館から重要文化財の馬屋を見ます。
この後、直弼が青春時代を過ごした屋敷の埋木舎に向かいます。

重要文化財の馬屋


埋木舎の正面入口です。

幕末における幕府の大老を務めた井伊直弼は、藩主となるまでをこの城下で過ごしている。直弼が青春時代を過ごした屋敷は「埋木舎(うもれぎのや)」として現存している
埋木舎の中に入ると管理人がいませんでした。


入口にある井戸?

埋木舎「世の中をよそに見つつも埋もれ木の埋もれておらむ心なき身は」と直弼は和歌を詠み、自ら「埋木舎」と名付け、文武両道の修練に励みました
埋木舎の庭に入ってみましょう!


その前に玄関の中を撮影します。

質素な感じの庭を見れます。





ここでウロウロしていたら管理人が屋敷の中で観光客を案内説明していました。
表座敷


表座敷

管理人からここで入場料金を請求されました。屋敷内部の案内は今の仕事が終わってからと云われずいぶん待たされました。
茶室


奥座敷と居間

管理人の態度は見せてやると云う態度がありありで他の待たされる人が不愉快感を表していました。



井伊直弼の肖像画と井伊家歴代の肖像画

そこへ酔っぱらいの観光客が来て、管理人とひと悶着あり、不愉快さがさらに増しました。



茶室

一緒に説明を受けた人の中に、青森から来た、歴史と美術の教師に出会いました。


引退した人、現役の人それぞれ楽しみのために二人で彦根城に来たそうです。

居間


居間

私も歴史が好きで、先輩方と楽しい旅の仕方など語らいが進みます。





管理人の話もそこそこ聞き流し妻も喜んで四人で大いに旅の楽しみを語らい、良い思い出ができました。
二の丸佐和口多聞櫓


重要文化財 馬屋の正面玄関

彦根城歴訪の予定コースも終わりに近づき駐車場へ戻ります。駐車場のそばには重要文化財が二箇所あり最終のコースです。

馬屋…
元禄時代に建てられ、昭和43年に解体修理されたこけら葺きの屋根が美しく、城内に残る馬屋は彦根城だけです

重要文化財 馬屋


重要文化財 馬屋

駐車場のそばの入り口から佐和口多聞櫓の内部を見学します。



櫓内からいろは松とお濠の景観です。

いろは松から彦根城を訪れる時、最初に出逢う櫓で、佐和口多聞櫓の左側が明和8年(1771年)に再建されたもので、重要文化財に指定されています。
佐和口多聞櫓の内部




櫓内の外側には矢狭間と鉄砲狭間が交互に造られています。
また内部の壁が波を打っているのが確認できました。膨らんでいる所は横木があるようです。




櫓内部から佐和口が見下ろせます。

佐和口多聞櫓の一番奥に来ると駐車場が見渡せました。



佐和口多聞櫓の対となる向こう側の佐和口多聞櫓(再建したもの)です。

佐和口多聞櫓の二階の入り口の部分です。入れませんが撮影だけさせてもらった。



左上の写真を外側から撮影しました。



国宝彦根城の歴訪も終わって、お世話になった駐車場のおじさんのお店でお土産を買って大休憩をしてから琵琶湖へ出発します。
琵琶湖大橋を渡っている時に妻が撮影した夕焼けの写真です。


琵琶湖大橋

琵琶湖大橋を渡ってパーキングエリアで一休み!そしてお土産の品定め…
桟橋には遊覧船が着岸してました。




あっという間に日が暮れました。
琵琶湖の夕景


琵琶湖の夕景

今日は大津市側の琵琶湖畔の琵琶レイクオーツカに宿泊します。白砂青松の湖畔にあり眼前で水上スポーツが賑やかでした。ただ曇天で遠方が見渡せないのが残念でした。
明日は比叡山延暦寺の歴訪に出かけます。
inserted by FC2 system