◆日本100名城 新発田城の歴訪◆ 新潟県新発田市にあり、別名、菖蒲城ともいう。新潟県内では唯一、江戸時代当時の城郭建築が現存する城跡である。近くの新発田川の流れを利用した平城である。石垣には石同士の接合部分を隙間なく加工して積み上げる工法である切り込みハギが用いられている。
       ……フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

瓢湖から20分ほどで新発田市の中心部に到着しました。城址は公園に整備されていて公園駐車場に止めました。
8時半に公園駐車場…




雨も本格的に降り出して、今日は一日中雨天のようです。デジカメが濡れないように準備して出発します。



二の丸跡地が城址公園となっています。

新発田城は日本100名城のひとつで公園内には石碑が数多くあります。





公園を横断して城址のお堀端まで行きます。お堀は本丸の内濠で結構幅がありました。
三重櫓は復元された櫓です。




三重櫓の三階屋根の棟は丁字型に造られ、棟上には三匹の鯱が載せられていて大変珍しいものです。
本丸の内濠に沿って表門方向に散策して…




もともと天守はなく、本丸の北西隅に三重櫓をつくり。その三重櫓を新発田城における実質的な天守としていたそうです。





二の丸隅櫓が江戸時代当時の建造物で、本丸表門と共に国の重要文化財だそうです。
二の丸隅櫓




1581年、新発田重家が上杉景勝に対して反乱を起こし、1587年上杉景勝により新発田城は落城。新発田氏は滅亡した。
土門橋を形成する土盛りの部分がお堀にはみ出しています。




隙間が少ない切り込みハギの石垣と二の丸隅櫓の姿が美しく、朝の散歩をしていた地元の方が自慢をしていたのが印象に残りました。





丁度、この場所に土門橋があり、表門と合せて枡形門に等しい防御機能を持っていました。反対側には石垣があり、傍には民家が迫っていました。



赤点が現在地です。

土門橋を形成する土盛りの部分から二の丸隅櫓と表門を撮影しました。



土門橋跡から表門を撮影!

二の丸、表門前の小公園には初代藩主、溝口秀勝の曾孫にあたるといわれる堀部安兵衛の銅像が建っていました。
堀部安兵衛の銅像


表門正面から撮影。

表門は冬の時期は閉門しており本丸内に入る事はできませんでした。もっともこの中の主要部は明治時代から現在に至るまで、陸軍、自衛隊の駐屯地だそうです。



辰巳櫓は復元されたものです。

本丸内部の見学は石垣に沿ってある多重櫓の見学ができるそうです。
辰巳櫓


城址公園に戻りました。反対側の駐車場まで距離があり、広い二の丸跡を見せてくれました。

桜の季節になると城址公園は人々でおおいに賑わうと散策の人から聞きました。

私は雪に包まれた新発田城を期待したのに…




堀部安兵衛の銅像の傍に史跡案内の看板があり、これで見ると清水園、寺町の施設は近い距離にあるようです。

寺町を代表して藩主の菩提寺の宝光寺を選び、国の重要文化財である清水園と八軒長屋(足軽長屋)へ向かいます。

雨は小降りになったり、一日中続きます。史跡見学ものんびり出来そう。…やせ我慢。本当は寒さを身にしみながら、車内で温まっていこう。
 
inserted by FC2 system