◆桜満開の上杉米沢城址へ再訪◆ 朝の7時50分に到着。山形市内から山越えして途中ナビに載ってない道路に入り込み、Uターンする事もあったが、連休の割には混雑もなく順調に米沢に着きました。昨年銀山温泉から米沢へ走ったので、通った道は記憶に残るもので間違いはすぐ気がつきました。

米沢も桜が満開で早々訪れたカメラマニアがアチコチで思い思いに撮影をしていました。私も妻と一緒に仲間入りします。





昨年の3月の連休に訪れた時は景観が冬化粧の様相でしたが、今回は春を迎えた上杉の町を撮影できました。





お濠に散った桜の花びらが春を感じさせてくれます。





暫くは角度を変えてお濠と桜の景観を撮影。お濠端にいるとカメラを抱えた人々が、後を行ったり来たりで賑やかです。





舞鶴橋を渡って城址本丸内に入り、謙信公の銅像では、記念撮影会が行われています。私たちも順番を待ちながら、観光客の多さに驚きました。





私達の順番が来ました。何故か並んでいる人達が後方に回らず、綺麗な写真が撮れるように…自然の成り行きでしょう!





次は上杉鷹山公の銅像です。桜が入るように下方から撮影したが今一でした。



上杉神社へ参拝します。両側の幟の数が多いように感じました。

上杉神社…
御祭神は上杉謙信公である。1578年、上杉謙信が越後の春日山城にて急逝し、その遺骸を城中不識庵に鎮祭されたが、二代景勝が会津を経て米沢に移封されるに当り、祠堂を米沢城内に移して260年に及んでいる。






昨年の神社は側方と後方が雪対策でシートが覆われていましたが、今年は綺麗に撮影できました。





謙信公祠堂跡と戊辰戦争で亡くなった戦士の招魂碑のある高台は周囲が桜で囲まれて最高のポジションです。





昨日まで上杉謙信公のお祭りが上杉神社でおこなわれていて屋台が多いのに納得しました。(4月29日〜5月3日)





高台からお濠端の景観も素晴らしいです。再訪して良かったと妻も喜んでいました。





ピンクと白の咲き乱れる桜の競演です。老木の桜もしっかりと咲いていました。





この中からPhoto Galleryへ追加できるのはホンノ数枚かな…





ちょっと雲の多い天気ですが、美しさに魅かれて沢山撮影してしまった。





菱門橋方向のお濠の景観も両側から桜の枝が伸びて、前回の印象とぜんぜん違った。



菱門橋

桜がメインになったり、景観の中に桜を取り入れたり、構図を考えるのに、意図工夫が必要です。



舞鶴橋

上杉記念館正門前からお濠端を撮影。満開の桜を堪能して気分もスッキリしました。



この後は上杉記念館へ行って見ます。昨年の訪問時に冬の寒々した景観しか撮影できなかったので今度こそはと思いは募りました。
さらに昨年時間切れで訪問できなかった上杉廟所へも足を伸ばします。



inserted by FC2 system