◆西国の覇者 毛利氏の広島城◆  戦国時代の毛利氏の居城は吉田郡山城で松江の尼子氏の大軍を撃退した経験を持つ堅固な山城であり、また山陰、山陽を結ぶ重要な位置にあり、領土の争奪戦を伴う戦国時代の毛利氏には適した位置であった。天正時代の終わり頃は、中国地方9ヵ国120万石の太守であった毛利氏に吉田郡山城は政務所としても手狭なものとなり、1589年(天正17年)広島に築城が開始された。

山陽自動車道を広島ICで下りて約20分、市の中心部へ車を進めると県庁前が広島城です。
城址公園から表御門と呼ばれる景観。


城郭としては規模の大きさに驚きました。

駐車場は無く、付近の有料駐車場を利用します。100万都市の割にはこのような施設の駐車場が無いのは寂しい限りです。
当時の建築様式で再建された表御門。


二の丸の太鼓櫓

   広島城は川の中州の埋め立てと掘割の大工事となり、城の構造は大坂城を参考とし、近世城郭として築城され、
   縄張りは聚楽第に倣い、軟弱な三角州地盤に築城したため、石垣の重量を分散させる工夫がなされている。
   この築城は同時期に豊臣秀吉の朝鮮征伐の後方基地としての期待もあり、秀吉は築城技術のサポートとして
   側近の黒田如水を派遣し、自らも建設中に広島城に滞在したという話も残る。 
   …フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

付近をウロウロしてから県庁の地下駐車場にやっとたどり着きました。
表御門に入る前に、二の丸の太鼓櫓と多聞櫓を撮影します。


表御門橋

表御門と平櫓、多門櫓、太鼓櫓が、当時の建築様式で再建されています。



原爆で焼けた石垣の色が印象に残りました。

表御門から二の丸内に入ります。表御門橋も焼失前と同様なつくりで再建されていています。



本丸内に見える建物は広島護国神社です。

中国地方の中心として壮大な規模を誇った広島城は、今は内堀と本丸、二の丸だけが残され、本丸には大天守が外観復元され、二の丸は当時の建築様式で復元されました。



石垣の上に櫓があると、お城らしく感じる。

二の丸は角馬出しの機能をもつもので、現在復元された建物の他に馬屋、番所、井戸があったという。太鼓櫓の2階部分以外は内部見学可能でした。



内側から見た太鼓櫓、多聞櫓。

内側の石段から多門櫓へ入ります。ここからは平櫓、表御門、多門櫓、太鼓櫓と繋がっていました。



入口から太鼓櫓方向の景観です。

表御門と平櫓の渡り廊下から二の丸の景観を撮影しました。奥側にはいろいろな屋敷跡が俯瞰できます。





   駐車場から強い日差しの中を歩いてきて、気温も30度を越えているようで非常に暑い日です。タオルも用意して水も
   準備してきたのですが、建物内に入ってやっと一息つくことが出来ました。お城の見学はこれからというのに、熱中症に
   ならないように用心して回ろうと思いました。

表御門の櫓内には太鼓櫓と平櫓の模型が展示されています。また実際の櫓の天井の梁は非常に多くの木材で支えられていました。





屋根瓦の重さを支える為、天井の梁は非常に多くの木材が組まれている。
表御門の天井


平櫓の部屋には三子教訓状(複製)が展示されています。

   広島を語るに毛利家のことは外せない。毛利家が城郭を構えた期間はそれ程長くは無いのに、城内の至る所に
   毛利家に関する多くの資料が展示されているのに驚きました。この地の人々には毛利家への思いれが深かった?

平櫓内から太鼓櫓まで一直線に見通しが出来ます。平櫓内は中央が畳敷きの部屋があります。



多門櫓にある矢狭間。このほかに鉄砲狭間も等間隔で造られていました。

多門櫓の通り廊下には二の丸に関わる多くの資料が掲示されていました。





太鼓櫓は1階のみ見学できます。此処には大太鼓が置かれていています。
太鼓は自由に打って下さい。
   …遊び心が伝わります。


太鼓櫓2階への階段。

太鼓櫓から二の丸を見渡すと屋敷の配置の概要が良く判ります。





江戸後期の広島藩の絵図を元に、二の丸の馬屋、番所、井戸の遺構の配置が示されている。





二の丸の表御門から本丸への中御門へは通路が確保されていて、二の丸の奥側に屋敷が集中しているのが良く判ります。



二の丸番所跡

日差しに強い二の丸へ再び出ました。表御門の内側には再建された門と石垣塀の説明があります。赤っぽい石は原爆で焼けた石で非常に脆いと記してあります。

石垣の再建には新たな石を組み合わせたので石垣が斑模様になっています。






二の丸から本丸への大手虎口にあたる中御門跡枡形中央右の低い樹木が被爆木のユーカリ(爆心地より740m)です
二の丸中央から太鼓櫓を撮影


二の丸から本丸への入口、中御門への景観

二の丸の見学が終わりこれから本丸へ入ります。門跡の右側には原爆で焼けたユーカリの木があります。一時は死滅した樹は根っこから再び再生して、ご覧のように成長しています。ただ放射能の影響を受けたのか、樹の生育が少し違和感がありました。このような樹が城郭内に多くあるようで、見て行きたいと思います。
inserted by FC2 system