◆二の丸から本丸郭内へ◆  ここでは二の丸内を探り、後半に本丸内に入ってみます。櫓門の石垣上に登ると更に下方の視界が開けてきました。やや霞んでいますが、撮影してみたり、ベンチが造られていて休憩や喫煙も出来ます。また本丸を様々な角度から撮影ポイントを探しながら楽しみました。

 



二の丸櫓門跡の石垣

   この案内板の前に立つとセンサーが働き、備中松山城の歴史が放送されて、城郭内案内を見ながら聞くと大いに理解
   が出来ます。 そして二の丸櫓門跡の石垣から市街地を望むと、いかに天守が高い場所にあるか、お分かりいただけ
   ます。江戸時代の城としては極めて異例です。そのため政務所として御根小屋(御殿)が麓に建てられた。

 
二の丸から三の丸を見る。


二の丸より市街地を望む

二の丸の南西角に雪隠(トイレ)が2ヶ所ありました。
雪隠(トイレ)


雪隠(トイレ)

  備中松山城の要塞化…
   永禄11年、三村氏の主力の軍勢が毛利氏の九州進攻に参加していた時、宇喜多直家は備中に侵攻し、備中松山城を
   守る諸将は宇喜多側に寝返った。更に機に乗じて宇喜多勢は周辺の諸城などを攻め落とした。
   毛利元就はこれに危惧を感じ、備中松山城や諸城を攻撃した。この戦いで備中松山城をようやく奪還した三村元親は、
   備中松山城を大幅に改築し要塞化した。その名残りが現在の遺構になっている。

 
二の丸広場にはベンチが置かれています。


左から、六の平櫓、五の平櫓、天守閣です。

   ベンチは日差しが強くて皆さん敬遠して左手の樹木の下で休憩していました。そこは雪隠(トイレ)がある処で複雑な
   気持ちで水分補給や喫煙をしています。 本丸天守の景観はまるで絵葉書を見るような景観で十分満足いくものです。

 
復元された五の平櫓は本丸の南面に位置し、角部分に石落しがあります。


本丸登城口前の六の平櫓と土塀は復元されたものです。

 
六の平櫓石垣の外側に回り込むと、ひっそり佇む石像がありました。


本丸登城の石段。

 
五の平櫓の先から見上げると復元された土塀と天守が見えます。


この先は搦手口の腰曲輪方向で、天守訪問後に行く予定です。

   再び、本丸登城の石段に戻り、本丸を目指します。 登りきった処に受付があり入城料金の支払いがあります。
   ふいご峠で会った管理員のおじさんにやっと到着したか!と言われて、何処から来たんだ?…東京です。 
   えっ!わざわざ松山城に?…そうです。現存12城を歴訪してます。…そんな会話のやり取りしながら、松山城や
   高梁市の歴史を教えてもらいました。

 
登城!


五の平櫓の石落し。

 
五の平櫓の土台の石垣


五の平櫓から二の丸の景観

  関ヶ原の戦い以降…
   寛永19年(1642年)、水谷勝隆が5万石で入封。2代勝宗は天和元年(1681年)から天和3年(1683年)にかけて
   天守建造など3年にわたる大修築を行い、城は現在の姿となる。江戸時代の備中松山藩時代は山城で不便なため、
   山麓に御根小屋という御殿を構え、そこで藩主の起居、藩の政務を行った。

 
本丸南御門からの石段の景観




天守は天和3年(1683年)に水谷勝宗によって修築されたものといわれてる。
本丸南御門


天守 国重要文化財

   期待に胸を膨らませて入城します。オオー! 切り立つ岩の上に、上手く石垣が組み合わされて、その上部に二重二階
   の天守が堂々と聳えていました。先日見た岡山城に比べるとそれ程大きくは無いが、400年の歴史の重みを感じさせて
   くれる堂々とした天守です。

まず、南御門の左手に向かうと六の平櫓跡がありました。



六の平櫓跡

六の平櫓跡から天守はこの様に見る事ができます。


復元された六の平櫓
   復元された六の平櫓は小さな小ぶりの建物です。そばに麦茶が置かれていて、冷たいものをどうぞと記されてあり
   ました。早速、戴いたら、冷茶でなく、生ぬるかった。それでも麦茶の味がして、管理員の好意がありがたく思いま
   した。

木造本瓦葺き棟門で、本丸の正面玄関。左に五の平櫓、右に六の平櫓があり、いずれも平成9年に復元されました。
本丸の正面入り口


麦茶の無料飲料水…ベンチもありました。

この中には発堀によって出土した当時の物が保管されていました。その中の一つが釘、瓦で出土した物と同じ物を複製して陳列してありました。



発掘した当時の釘

  明治以降…
   明治6年(1873年)廃城令が公布され、江戸時代の政務所、御根小屋(御殿)は取り壊された。また、山上の建物は
   放置され次第に荒廃していった。現在、御根小屋の跡地には高梁高校があり、備中松山城は現存12城として残る事
   になった。

発掘した瓦(右側)と複製した瓦(左側)です。土塀の複元にも使われています。





天守の土台は岩石の上に石垣が積まれています。…私自身初めて見るもので、当時の土木技術で築城した事は、先人の知恵に対して、驚嘆に値する事だと思います。



    …重要文化財の復元の難しさ…
   復元は想像や希望で復元されるわけでなく、史実を尊重した本物志向、史実による資料をもとに復元するわけで、
   当時の写真、絵図面、当時、記された資料で確証が無ければ重要文化財としての復元はできない。また工事方法も
   当時の方法で建築され、当時の釘や材料が使われて出来上がったものが、現実味を帯びてくるのです。

本丸東御門は木造本瓦葺きで、勝手口にあたる門です。
本丸東御門…復元したもの


復元された本丸土塀

岩山の上に石垣、そして天守と、大きくアップ撮影しました。
素人目には崩れそうでしっかりしている?




天守入口へは、八の平櫓跡を通って天守内に入ります。いわば入館通路口。
八の平櫓跡


八の平櫓跡から見た本丸内の景観。

さて、いよいよ天守内に入ります。最近は広島城、岡山城ともにコンクリート造りで、味気ない思いがしました。暫くぶりに本物の天守に会えてワクワクします。
inserted by FC2 system