◆福山城歴訪紀行◆  金曜日の夜半に自宅を出発しました。環八は工事で渋滞があり、東京ICに入ったのは午後10時過ぎでした。ここから一路、東名道を走ります。広島には40年間数え切れないほど走りましたが、高速道路網が出来てからは多少楽になりました。  日本平、桂川PAで休憩して、岡山の吉備SAで2時間ほど仮眠しました。毎回午前4〜6時頃に大阪圏の早朝の渋滞にかからない様に通過すると大阪以遠は楽になります。

吉備SAから1時間少しで福山城博物館へ到着!早朝の専用駐車場へ…
現在8時半です。

オープン直後の駐車場


駐車場から見える天守

この駐車場は福山の歴史博物館、美術館、公園の駐車場で公園の芝生には親子連れが早朝の散歩を楽しんでいました。
福山美術館


福山城への階段(三の丸から二の丸へ)

   福山城…
   近世城郭で最も新しい城で備後福山藩として1622年に完成した。形式は輪郭式の平山城で、かつては二重の堀や
   瀬戸内海へ抜ける運河があり五重の天守と7基の三重櫓を有する大規模な城郭であった。彦根城などとともに国宝
   だったが本丸を除き大半が市街地と化すなど遺構の破壊が進み、大戦の空襲で天守も焼け、石垣も本丸と二の丸の
   大部分と三の丸のごく一部に残り、櫓は1基が現存するのみとなっている。三の丸南側はJR福山駅が東西に貫き
   新幹線や福塩線のホームから間近に本丸を望むことができる。日本100名城のひとつです。

駐車場から福山城への階段を登り、二の丸を横切る形で小さい門からいきなり本丸に入ってしまった。
本丸の広場から朝日を浴びる天守を撮影。


天守の鯱

本丸入口にある福山城の案内板をよく読むと天守はコンクリート製の復興でした。また戦前の形と若干違うようです。





入館して各階を見学してゆきます。
1階の常設展示場は江戸、明治時代の物が展示されています。

家康と水野勝成の蝋人形がいきなり迎えてくれました。


阿部正邦と水野勝成の像と福山城の鯱です。

 
腰につける矢筒や肩にかける矢筒、陣笠です。


江戸時代の甲冑

甲冑は他から提供されたものや当館の所有のものなど様々です。
江戸時代の甲冑


江戸時代の甲冑

江戸時代の儒者の書蹟、絵画、刀剣、陶磁器、灯火具、服飾品、民具など多くの展示品がありました。





 



岡倉天心先生像

   

右側の映像から2階の展示場になります。
平櫛田中作の中国の仙人像




ここでは江戸時代の阿部藩の展示になり、藩主の書画、愛用品、書状、文具類などが展示されていました。





 



水野勝成像と当時の天守瓦

3階は江戸時代の水野藩の展示物になります。



水野藩時代に神社に奉納された太刀

水野藩時代の古絵図、古寺院資料、野々口立画筆蹟、家紋入り膳椀、伏見御殿板襖絵などが展示されていました。





 





4階は中世の福山の展示物になります。





草戸千軒町遺跡出土の陶磁器などが補修して展示されています。





最上階は展望室になっていて福山市内全域が見渡せます。



西北隅に御調台と呼ばれる床の間があり神棚があったといわれ、この部分は現在の天守でも再現してありました。

最上階の展望台は全国の名城パネルの写真が掲示され、西側だけ座敷が造られていました。外側に外縁があり外に出ると福山市内の四方が見渡せます。
天守は昭和41年に復元されたとパンフレットに記されていますが、昔の写真と比べると形が違っていて復元と云うより復興された城と考えました。
inserted by FC2 system