◆東門から本丸へ◆  伊勢を7時過ぎに出発して、伊勢自動車道を走ります。 下りの車線は名古屋まで大渋滞! この車列はどこへ向かうのか? 代わって登り車線は定速走行ができる快適なドライブでした。 名古屋高速の丸の内ランプでおりて名古屋城へ向かいます。市内は空いていましたが、公園入口に近づくと駐車の為、長い車列が続きます。 正面の駐車場を諦めて、二の丸公園の駐車場に向かうとスムースに駐車できました。9時前ですが次々と車両が入ってきます。

東門
東門入口




     ここから東門に向かい9時オープンまで入り口で待機。待機中に車両のアンロック通知がメールで入って、慌てて
     車両に戻ってロック。今日は隣の体育館で子供の空手の大会があるようで、名古屋城の観光客だけでなく、家族
     連れが数珠繋ぎで体育館に向かっています。

赤い印からスタート。





 



     オープンして足早に左右の景観を撮影しながら天守閣に向かいます。二之丸庭園はぼたんの時期で色とりどりの
     感があり、最後に楽しみたいと思います。休憩処の藤棚も最盛期。

 
休憩処の藤棚




 
帰りにここでお土産を購入しました。


二之丸茶亭

     二之丸茶亭を通り過ぎると二之丸広場、ここからは天守閣と東南隅櫓が展望できます。 真直ぐな道は正門まで
     見通せて、向こう側からも観光客が本丸に向かっています。 二之丸広場から見る東南隅櫓もいい感じです。
     三脚を持っての足早は結構面倒、後背から観光客が近づいてきます。なるべくなら映像に観光客をあまり入れた
     くないです。

 





 
東南隅櫓と二之丸広場


東南隅櫓

     加藤清正公の像も撮影だけして見聞は後から…。 東南隅櫓に到着すると、その前には深い堀がありますが空堀
     でした。底には石垣が並べてあり、修復中の置き場になっていました。 石垣も所々修復された跡が見られます。
     城郭として明治以降破却されずに残ったにも拘らず、第二次大戦の空襲で焼けたことは非常に残念に思いました。

 
清正公の石曳きの像



東南隅櫓からみる表二之門


国重要文化財の東南隅櫓

 



正面が正門方向

     正門のある西之丸エリア方向まで道は真直ぐです。表二之門前の両側は深く切れ込んだ空堀です。表二之門から
     本丸天守に向かいますが、この門は旧二之丸の東二之門で、その場所が修復中のため、現在ここに移築してある
     と云う事です。 本丸に入ると、今まではここから天守閣と小天守が一望できますが、現在本丸御殿を再建途上で
     大きな囲いで覆われて展望はありませんでした。そして東南隅櫓に沿って進むと、天守閣が見えてきました。

 
表二之門








 
表二之門




     本丸の天守閣前に到着しました。正門からも観光客が訪れているので、無人とはいかないが、ここまで重いものを
     運んだ甲斐があった三脚を使って妻と記念撮影。 混雑した中での記念撮影でなく目的を達したので、一段落しま
     した。後背から観光客が続々と到着! 記念撮影をしている間に天守閣も映像に撮りこみました。

 




小天守




     下の映像で、枠なしの在りし日の名古屋城は本丸御殿が無く、表二之門を入ると、こんな感じで見えていました。
     もちろん季節は違いますが、視点は同じです。 この映像は「デジカメ動画(写真)フリー素材」様から利用規約に
     同意して戴きました。これを見て現在の天守閣、小天守をご覧ください!

 



     現在、再建中の本丸御殿が完成すれば、本丸内の景観は一変すると思います。 また某代議士が名古屋城をコン
     クリートから本来の木造に再建すると聞いたが、次の時代はどのように変貌するか…。 天国に往ければ、見守り
     たいと思った。 
     天守閣は妻が撮影した映像も一部入れて共同制作にしました。 映像を紙で見るよりパソコンで瞬時にその時の
     思い出が見れるのは楽しいことです。

 





 



妻が撮影

     この時間になると、観光客が多くなり被写体に大きく写ってしまいます。 私が他を撮影してる間に、妻は人が途切れ
     るのを待って撮影してます。そしてちゃっかり妻の映像を使いました。いつも私は妻の掌の中でコロコロしています。

小天守入口
妻が撮影


妻が撮影

 
小天守出口…妻が撮影




     小天守は天守閣の為だけにある印象で、2層2階地下1階で、ここを通らなければ天守閣には行けない重要な処
     です。 簡素ですが、防備の堅い造りになっていました。 他の城郭の天守よりも大きいと思います。 小天守から
     天守へは外側から見たら多聞櫓で繋がっていると思ったが、中に入ると両側に剣塀で囲ってあるだけでした。

 



天守閣入口…妻が撮影

推測するしかないが、戦の時に万一、小天守が奪われた時に、天守へ殺到する兵を上部から反撃できるようにしたのかも…。 想像は膨らみ当時の状況を想像しながら天守閣に入ります。
inserted by FC2 system