◆天守閣内見学と御深井丸◆  外観復元した天守閣内には地下1階から5階までが展示室で、 最上階の6階は展望台になっていました。2階だけ撮影禁止で、その他はフラッシュが禁止と云う事で、 自分と妻のカメラの設定を変更して、感度アップで撮影します。

天守閣入口



     入館してすぐ目の前に大きな金の鯱鉾が迎えてくれます。 ここは地下1階で中央にエレベータがあり、5階まで
     運転してます。 登り優先と降り優先の二つの階段があり、最初に1階を見学しました。 ここには現在復元中の
     本丸御殿の完成模型が展示されています。絢爛豪華の屋敷で将軍だけが利用したと云われます。天井板絵や
     御殿障壁画の模写がありましたが、ガラスの反射で綺麗に撮影できません。

1階展示室





 





 



     2階は主に当時の史料が展示してあります。3階では本丸御殿の藩主の間、御用の間、台所、武具屋、自身番など
     城内の暮らしや城下町の様子が再現されていました。タイマーで夜明け、昼間、夕暮れ、夜間の照明が変化して、
     一日の変化の様子が楽しめました。

 
藩主の間


御用の間

 





 



     4、5階には武具、武器そして石垣に関する展示があり、特に石垣の運ぶ模型は掛け声も出て面白かった。館内は
     人の流れがよく、撮影は少し待てばできます。 三脚は使えず、柱に寄りかかりピンボケを少なくしました。 実物大
     の金の鯱鉾があり、背景には青空が描かれているコーナーでは、鯱鉾にまたがった記念撮影ができ、ここだけは
     人気で長蛇の列でした。

 





 



     最上階の展望室では東西南北を撮影、天候は相変わらず曇天です。 ガラスの汚れた処が多く制約があったが
     こんな感じの展望です。 快晴の青空が見れないのは残念ですが…。

 
東の景観


南の景観

 
西の景観


南の景観

 
東の景観


小天守の外観

     地下1階まで降りてくると、黄金水井戸の木枠、殿様の籠などが展示してあるのを発見、得した気分です。

 



     再び、小天守を通って天守閣前に戻ります。ここで暫くベンチで休憩、案内図を見て本丸の外側に出ます。そこは
     不明門と呼ばれ、多聞塀の下をくぐる埋門で、本丸御殿の大奥へ通じる門で、あかずの門と云われた。塀は外側
     の軒桁を忍び返しにした剣塀です。残念ながら空襲で焼失し、昭和23年に再建されました。

 
不明門


外側の軒桁に忍び返しを付けた剣塀

 







天守閣と礎石

     御深井丸は本丸の北西にあり不明門で繋がっています。 不明門を出た処に、天守閣再建の時に取り除かれた
     天守閣の礎石がありました。その礎石を入れて再建された天守閣を撮影してみました。礎石の隣に石室があり、
     案内板によると、島根県松江市にあった団原古墳の石室で、本来は床石があって、手前に石室への通路があり、
     古墳時代後期のもので、出雲地方独特の横穴式石室です。 それを当時の名古屋市長が寄贈したと、記してあり
     ました。

 



天守閣の礎石

 
古墳の石室


外堀

     古墳と外堀の景観を撮影して、御深井丸の展示館と茶席に沿って小道を歩き、木々の間から天守閣を撮影しなが
     らの散策です。 展示館では名古屋城の四季を撮影した映像が展示され、写真展を見ながら名古屋城の美しさを
     堪能します。茶席にも寄りたかったが解放されていないので断念! 撮影が出来ません。

 







     この後、御深井丸の奥にある国重要文化財の西北隅櫓を見過ごして、天守閣を撮影しながらお堀に沿って歩くと
     西之丸へ行ってしまった。 こうして見ると本丸のお濠が空堀だったことが残念に思います。 折角復元するなら、
     そこまでやって欲しかった。草茫々の状態は石垣が泣いています。

 





 





 

天守閣の全景を撮ろうと、構図を探しながら見つけた一枚が撮影できました。金の鯱鉾が見えにくいが、鯱鉾から石垣下のお濠まで、 構図に入りました。気に入って大きくしました。
inserted by FC2 system