◆御深井丸と西之丸、再び本丸へ◆  御深井丸と西之丸の中間で天守閣の全景を撮影し、 さらに、いろいろな構図を探しては撮影を続けます。西之丸エリアに入り正門前に到着しました。 正門前は多くの人だかりで、イベントの時間も迫り観光客が集まっていました。

御深井丸エリア




天守閣と小天守を繋ぐ剣塀




     御深井丸と西之丸の間は外堀が内堀に向かって切れ込んでいます。そのため本丸を内堀に沿って歩くと、ここだけ
     道が狭くなります。西之丸、御深井丸、二之丸、塩蔵、搦手馬出はそれぞれ独立したエリアで、本丸を守るかたちで
     取り囲んでいます。本来ならば国重要文化財の西南隅櫓を見れるが、現在、修復中で大きな囲いがしてあり残念
     ですが撮影できませんでした。

西之丸エリア





 



     西之丸の正門は、明治43年に、江戸城の三の丸と西の丸を結んでいた蓮池門を移築したが、戦災で焼失、再建
     されました。 こうして見ると皇居の櫓門と似ている。 元々名古屋城の大手筋で、本来、南側に桝形の榎多御門
     があり、三之丸に繋がっていたという。 この後、梅林のエリアを通って、正門前の案内板で散策路を確認したら、
     御深井丸の奥にも見学場所があり、見落とした処がありました。

西之丸エリア
梅林


正門

     早速、今来た道を引き返します。御深井丸には本丸御殿の復元工事の為、木材の加工場があります。囲いがして
     あったので、この先は見学できないと思っていました。 加工場を回り込んで奥に行くと、美しい庭園と西北隅櫓が
     見えてきました。顔が喜色しているのが自分でも判ります。木材加工場の隣には蔵もあります。

御深井丸エリア
南西隅櫓(清洲櫓)




     ここにある南西隅櫓は清州櫓とも云われ、徳川家康が名古屋城を築城する際、織田信長時代の廃城された那古野
     城跡に注目して、ここに天下普請で築城した。そして近くの清洲城から移築した櫓が、ここにある南西隅櫓だと云わ
     れています。周囲を回ったが中には入れませんでした。

 





乃木倉庫



     白い蔵の前には係員がいて、どうぞ見学して下さいと声を掛けられました。案内板によると、明治初期に建てられた
     煉瓦造りで、旧陸軍の弾薬庫であったと云います。 建てられた当時、乃木将軍が赴任していたため、乃木倉庫と
     呼ばれ、煉瓦の保全のため、白亜塗りにして現在に至ります。 大戦時に本丸御殿の障壁画や天井絵類をここに
     保管したため、名古屋空襲時に被災を免れたそうです。 被災を免れたことで、国重要文化財として私達が見る事
     ができて、後世に伝わる大切な案内でした。

 



     御深井丸の南西隅櫓と乃木倉庫の歴史に触れ、余韻も醒めないうちに、再び、本丸内に戻ります。剣塀の不明門
     をくぐり、本丸内に入ると天守閣の石垣には石落しも見れます。

 
不明門






     天守閣と小天守の間の通路の石垣には石樋も見られ、当時の築城基準のレベルが高い事が伺えます。 本丸の
     売店で喫煙して休憩しました。 家族連れやカップルが連休ということもあって大賑わいです。 私達はそのまま、
     本丸内の二之丸に繋がる東二之門へ向かいました。 ここは清正石という巨石が石垣に組み込まれています。

 
小天守


天守閣と小天守を繋ぐ石垣にある石樋

 



修復復元工事中の旧二之丸、東二之門

     名古屋城築城にあたり、家康は指名した戦国大名に天下普請の令を出しました。 天守閣の石塁の構築を命じら
     れた加藤清正は、巨石の運搬に際し、自ら音頭ををとって木遣りを歌い、民衆を鼓舞したと伝わり、二之丸に石碑
     が残っているが、実際は各施行区が決まっていて、大名間の競争の場にしたと云います。 競争というと、いつの
     世も、他の足を引っ張る行為があります。 そのため各施行区には、自分の区間の石垣の要所に、自分の家紋を
     刻印したと云われ、それが現在でも確認できる刻印としてあります。 ここにある大きな巨石は、信州上田城の真
     田石の数倍の大きさでした。 この区域は黒田長政の普請区の為、逸話ではないかと伝わります。

 
171cmの私以上の高さがある清正石






東南隅櫓の入口石段

     名古屋城の歴訪も後半に入り、清正石の処から東南隅櫓、表二之門に向かいます。入る時に見なかった城郭の
     内側も見て回ります。表二之門は恒久的な移築か、現在修復中の東二之門に戻すのか、興味深いものです。

 
表二之門の内側




 
大手馬出跡






表二之門をでて大手馬出跡では大道芸が披露しています。多くの観光客が周囲を取り巻いています。 妻はいつもの事で、人垣をくぐって一番前に行ってしまった。私は後方から望遠で覗いてみました。 ボールの上に脚立を、その上に不安定ながら乗り、ナイフ投げ、けん玉を披露しています。 その瞬間を捉えてみました。暫く鑑賞してから妻を探して、名古屋城の歴訪を再開しました。
inserted by FC2 system