◆西之丸から埋門、南蛮たたき鉄砲狭間、二之丸庭園へ◆  大手馬出跡は、表二之門前の小郭で現在はありません。 大手は追手ともいい城郭の正面にあたります。明治時代に入って、車馬の通行に不便なため埋め立てられ、現在の形に変わったと案内してあります。 後半は本丸の周囲を歴史散歩してみようと思いました。

本丸外郭
大手馬出跡の説明板






二之丸大手二之門西鉄門

     大手馬出跡から西之丸城郭に登ってみました。城郭は土盛りで周囲から4、5m高く、当時はここに土塀があった
     のではないかと思います。 ここを西之丸正門まで続いているので、歩いてみます。 土盛りの処は両側に樹木が
     植えられ、中央が散策できるようになっています。 外側は深いお堀になっていて、外郭の景観を見ることができ
     ました。

 
二之丸大手二之門西鉄門




 



西之丸正門

     大道芸やイベントで観光客がそっちに集まっているから人が少ないです。 西之丸正門でUターンして戻り、馬出
     跡のきしめん亭まで戻りました。丁度、ここのベンチに腰掛けたら、東南隅櫓がいい感じで見えたので、再度撮影
     します。 この後、二之丸エリアに向かいます。 妻もだいぶ疲れてきたと思って、案内図で重複しないように散策
     します。

 
東南隅櫓


二之丸広場

 
二之丸広場から見る東南隅櫓


二之丸広場から見る東南隅櫓と天守閣

 
ボタン園


埋門のある処まで外堀が入っています。

     埋門跡は、城郭の石垣や土塁の下をくぐるように門が造られていて、二之丸庭園の西北の位置にあります。城が
     窮地に陥った時に堀を渡り、対岸の御深井丸、大曾根勝川を経て木曾路に逃れていく秘密の脱出路とされていた。

 
埋門跡


旧二之丸跡

     旧二之丸跡は現在石垣の修復中でした。石垣の修復段階を直接見るのは初めてなので、いろいろ構図を考えて
     撮影してみました。 内側の土盛りの部分から砕いた砂利で固め、更に崩れないように区割りして岩石が敷き詰め
     てあります。最終は外側に隙間の無いように石垣が組み立てられてありました。

 



     二之丸の外堀側に南蛮たたき鉄砲狭間という聞きなれない狭間がありました。見た目は石塀で中央に丸い穴が
     開いています。 説明板によると、石垣上に伸びた練塀の遺構で、南蛮たたきで固められた堅固な円形の狭間だ
     そうです。

 





 
鉄砲狭間




     北暗渠…庭園の外側に暗渠式排水路の遺構で、金城温古録にある、雨水を引き入れる水道石樋の遺構です。
     溜まった雨水は石樋を通じて堀へ流される工夫がある。(説明板より)

 



北暗渠

 
霜傑亭跡


休憩処

     霜傑亭跡…茶席の跡で、二之丸内にあった六ヶ所の茶席の内のひとつで、最大規模の数寄屋造りの建物があり
     ました。(説明板より)

 



      妻は歩き疲れたようで、二之丸東庭園にある休憩処で暫く休憩します。 私の悪い癖で、夢中になると一点に
      没頭して、周りの状況判断が出来なくなる時があります。 妻に暫く休んでもらい、私は庭園を横断して、名勝
      二之丸庭園、二之丸茶亭へ向かいました。

 





 





 



     庭園内は日影があり、ヒンヤリとしていて涼しかったので妻を呼び戻します。足の疲れが取れて、一段落してから、
     庭園内を妻と散策を再開します。今の季節は庭園内が緑一色で、濃淡が庭園内に広がり、鑑賞していて気持ちが
     落ち着きました。ボタンの花は近くで見ると最盛期を過ぎていました。はなみずきと躑躅が可憐な花を咲かしていて、
     丁度見頃の時です。二之丸茶亭で大休憩して暫くベンチで寛ぎます。

 





 
はなみずき




 



      駐車場に戻ってお土産を購入しようと思ったら、体育館のレストランでは販売していなかったので、名古屋城に
      再度入場して、お土産を購入しました。係員に訳を話したら、どうぞ…。と云う訳で、五月連休の長い旅も終わり
      になりました。また、仕事に精を出して頑張らなくちゃ!

現在12時、東京へ戻るのに東名道、中央道どちらにしようかと渋滞情報をG-LINKで収集して、東名道に決定。 名古屋高速、伊勢道は渋滞なし、豊田JCTで合流渋滞あり、東名道は各所で細かい渋滞あり、の情報で名古屋高速の丸の内ランプから入りました。 やはり豊田JCT付近で1時間余り、浜名湖、静岡、御殿場で小さな渋滞はあったが、自宅には10時頃に到着しました。途中で、休憩と、お土産の購入、 昼食時間をとったが、予想通りの走行でした。
inserted by FC2 system